岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

女性の悩みの上位に挙げられる、手の痛み。

腱鞘炎?ばね指?

病院や整骨院でそう言われるものの、一向に治らない症状で困っていませんか?

当院ではどこへ行っても治らない手の痛みの一つに「CM関節症」の症状をよく見かけます。

あまり聞きなじみのない症状ですが、実は多くの方がこの痛みに悩んでいます。

日常的に痛みを伴う手の痛み、その正体とは?

手首

実はちまたで多いCM関節症

 

CM関節とは、手の親指の付け根の関節です。

少し分かりにくい位置にありますので、詳しくは下の動画をご覧ください。

手の親指の付け根の関節を「CM関節」、このCM関節で炎症を起こし痛みを伴う症状を「CM関節症」と言います。

手先を頻繁に使う大工さんや料理屋さん、また、日常的に手をよく使う女性に多く見られます。

  • ペンを握ると親指の付け根が痛い
  • 物をつかんだ時にキヤッと痛みが走る
  • フライパンを持つ時に力が入らない
  • 親指の付け根が腫れて痛い
  • 押さえると常に痛みがある

などの症状を訴えます。

この症状と同じような痛みを出すのが腱鞘炎です。

腱鞘炎だと思っていたら・・・、実は違った。ということもありますので、腱鞘炎との違いを説明しておきます。

 

腱鞘炎とCM関節症の違い

比較

よく似た症状、また、どちらも「手を使う方」「女性に多い」という共通点がありますので、症状の判断が難しくなります。

その違いを一覧にしてみます。

腱鞘炎 CM関節症
  • 親指を握りこむと激痛が走る
  • 手首から親指にかけて痛いことが多い
  • 手首から親指にかけて全般に腫れる
  • 筋肉・腱の痛み
  • 親指を握ると痛みはあるが激痛ではない
  • 親指の付け根のピンポイントが痛い
  • 親指の付け根が腫れて一カ所が膨れてくる
  • 関節炎とともに変形をきたす

以上のポイントを挙げて見ましたが、実際のところ一般の方での判断は非常に難しいです。

専門家でも間違えるほどですから・・。

そもそもの違いは、

  • 腱鞘炎は筋肉・腱の炎症であるが、CM関節症は関節炎である。
  • 腱鞘炎は手首から親指にかけて痛いが、CM関節症はピンポイントで関節部が痛いということ。

以上の2点が明確が分かれ目になります。

見慣れていないと難しい判断ですので、迷った際はご相談ください。

 

CM関節症の治療法

 

CM関節症と診断された方が困るのが、明確な治療法が見付からないということです。

整形外科では、湿布、痛み止め、「安静にしてください。」と言われるばかり。

整骨院では、電気、マッサージ、温浴、ストレッチ、「使いすぎには気を付けてください。」と言われるばかり。

こんな治療を受けて途方に暮れている方も少なくないと思います。

当院では一時的なアイシング(冷却)とともに、ほんごう鍼灸接骨院独自の治療法を提案しています。

このケア方法は、どこの整骨院でも、どこの整形外科でも扱っていない方法です。

自宅でいつでもできるホームケアですので、是非お試しください。

詳細は以下の動画をご覧ください。(動画を再生すると音声が流れます)

 

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP