野球肘を治療家が知らない、って知ってますか?



今日の中日新聞、野球肘(内側型・外側型)について詳しく書いてあります。

非常に重要なことですので是非知っておいて頂きたいのですが、これはh野球肘の中でもほんの一部なのです。

内側の中でも、靭帯損傷、骨損傷、軟骨損傷、その中でもⅠ度損傷、Ⅱ度損傷など‥。
細かく判断し、それに応じたリハビリと管理が重要になります。

しかしもっと知っておきたいことは、「全ての先生がコレを理解しているわけではない。」ということ。

当院に来ていただいている患者様は知っての通り(b私が口すっぱく言っています。笑)、医師や治療家にも専門性が有ります。

特に野球肩、野球肘というものは、他のどのスポーツよりも専門性が必要ですので、平気で見落としがあることもあります。

私は野球を専門にみていますので、沢山の患者さんをみさせて頂いている経験もあります。
でも、水泳のこことはぜーんぜん分かりません。
ももちろん勉強はしますし、分からなければ調べますが、専門です!と胸を張ることはありません。

ですので、一般の方に、この新聞記事で興味を持っていただく事は非常に大切なことですが、是非お近くのしっかり勉強をされている先生にみてもらうことをオススメします。

岐阜市、大垣市、瑞穂市、各務原市、一宮市だったらほんごう鍼灸接骨院に来てくださいね^^


image

ソフトボール観戦

本日はソフトボール観戦です。

全国に繋がる大会、また、負けたら引退の掛かった試合ですので、俄然気合いが入ります!

もちろん当院患者様の中学生女の子です。


image