岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

体の痛みは冷やした方が良くなる?

いやいや、温めた方が楽になる気がする。

特に肩関節の痛みは温度変化に敏感ですので、是非覚えておいてください。

 

冷やすか温めるか、迷う方は非常に多いのではないでしょうか。

実は、どちらもメリット・デメリットがありますので、使い分けが重要です。

当院では、冷やす時期と温める時期の使い分けを細かく指導させて頂いております。

これによって、一向に良くならない、むしろどんどん症状が酷くなっている方も、驚くほど改善される方が続出しています。

今回は、冷やすと温めるについて、メリット・デメリットをまとめてみました。

是非参考にしてみてくださいね。

 

患部を冷やす(アイシング)

 

一般的な怪我や痛みにおいて、「温めて悪くなることはあっても、冷やして悪化することはない。」と言われることはよくあります。

ですので、迷ったら冷やす!といっても大きな間違いはありません。

なぜかというと、痛みを感じている時は、体のどこかで炎症を起こし、熱を持っていることがほとんどです。

この熱が広範囲に広がると、炎症部位が広くなり、元々痛かった場所の周りの組織まで痛くなってきてしまいます。

アイシングをするということは、炎症を周りまで広げないという目的が主になりますので、痛い所の周りを冷やして、炎症が広がるのを防ぐことは、誰がどこの部位に行っても悪い事ではありません。

但し、全身の体温が下がってしまっている時(低体温)、冷やして痛みが増す時は、無理して冷やさないように注意しましょう。

 

患部を保温する

 

痛みがある時に、患部をタオルで覆ったりして温めると、ホッとして痛みが和らぐ時があります。

これは主に副交感神経の働きであり、特に神経痛の時には効果的です。

しかしながら、炎症か?神経痛か?を判断するのは非常に難しい事です。

もし炎症が起きている時に患部を温めてしまったら・・・余計腫れが強くなり、痛みは増します。

もしあなたが、痛い所を温めていて痛みが引かなければ、もしかしたら炎症が起こっている部分かもしれません。

あくまで保温は一時的な神経の沈静ですので、それだけで対処しないように注意してくださいね。

 

 

最後にワンポイント

 

冷却時期と保温時期の目安をお伝えしておきます。

お風呂に入って痛いか痛くないか、を参考にしてみてください。

お風呂に入って温まると、、痛い   →→→ 冷却

お風呂に入って温まると、、楽になる →→→ 保温

 

以上、冷却と保温の違いをまとめてみました。

同じような肩の痛みでも、原因によって使い分けが必要ですので、自己判断で長い間治らない痛みは、お早めにご相談くださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP