岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

本日も名古屋市東区より、
「先生目掛けて出てきた。」
と言ってくださいました。

年末にゴルフの練習を兼ねて片手でバットを振ったら、だんだん腕が上がらなくなってきたとのこと。
確かに、肩の高さまでも上がりません。

とてもイヤな予感がしましたが、早速超音波エコーにて、肩の筋肉を確認してみました。

筋肉の形は確認できましたが、腫れている様子。
年齢と動作と動かなくなったタイミング、エコー画像に加え、痛みと動きの検査から、「腱板炎」を疑いました。

腱板炎は、四十肩や五十肩の引き金にもなります。

しかし、高齢になればなるほど、肩の痛み・動きには慎重になります。

よく、
「切れてたらもっと痛いよね?」
と聞かれますが、残念ながら、筋肉の繊維が切れていても痛くないことはあります

そして、
「動かした方が良いと思って、痛みを堪えて頑張って挙げていたよ。」
とも言われますが、肩の場合は、頑張らないでください!

実際に本日の患者さんも、
「朝鉄棒にぶら下がってきた。」
と仰っていましたが、余計と症状を悪化させてしまうリスクは非常に高いです。

今回のこの肩の症状は、恐らく少し長引くと予想されますが、自宅での管理や、日常生活での注意事項をお伝えし、治療計画を立てさせて頂きました。

早く手が挙げられるよう、全力でお手伝いさせていただきます!
皆さん、肩を痛めた時は、
「1週間待って改善されなければ、施術を受けた方が早い。」です。

くれぐれも、ぐるぐる腕を回したり、頑張って腕を挙げたりしない様に気を付けてください。
施術に迷ったらまずご一報ください。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP