鍼(はり)・灸(きゅう)

患者様のお体の状態、症状に合わせて、鍼治療や灸治療をご提案致します。

患者様のお体の状態、症状に合わせて、鍼治療や灸治療をご提案致します。西洋医学だけでは判断しきれない痛みにも、脈、舌の色、お腹の硬さなど、東洋医学的観点から体の状態を判断し、施術を行います。西洋医学とも組み合わせて施術を行います。
初めての方やご相談だけでも大歓迎です。お気軽にご相談ください。

鍼灸治療が効く人・効かない人

患者様の中には「鍼灸治療に向いていない体質」の方や、「鍼灸治療の適応でない」方もいらっしゃいます。
当院では、闇雲に施術方法を決定していくことはありません。問診や触診を丁寧に行い、的確に判断させて頂いた上で、「良くなる可能性が高い順」に施術方法を決定していきます。

大切なのはその症状に一番適した治療かどうか

当院のモットーの一つである「本当に必要な施術と情報を、本当に必要な方へ」

施術を提供するためには、しっかりとした判断をしてから治療を進めることが大切になります。当院で提供出来る数ある施術方法の中でも、鍼灸治療が有効であると考えられる場合には積極的に行い、効果が出にくい場合はその旨を説明させて頂きます。但し鍼灸治療の場合、「体が良くなる方向へ変化していく」ことがほとんどです。治療選択肢の2番手、3番手であっても行う価値はありますので、少しでも興味のある方や、とにかく良くなりたい方は是非ご相談ください。

東と西は遠くない

東洋医学では「気」や「熱」の流れや、「経穴」といわれるツボを使って施術を行います。「気」というと怪しさ満点ですが、体に反応をもたらすツボの通り道です。2006年、WHO(世界保健機関)によって定められた361穴のツボの中でも「よく効くツボ」は、血液循環の豊富な場所や、体を動かす主要な筋肉が走る場所に多く有ります。体の中で血管や筋肉と照らし合わせてみると、西洋医学的観点からもあながちハズレではないことから、自己免疫力を上げる効果が出やすいことにも納得できます。

健康管理に鍼灸治療

当院では東洋医学独特の考え方を用いた診断・治療も行っていきますので、原因不明の体調不良や、慢性的な治療を継続している方、そして、日頃の体調管理をしたい方にオススメします。

小児鍼

小さなお子様にも鍼治療を行います。
(幼児~小学校低学年)

風邪症状や長引く咳、おねしょなどの症状をご相談ください。
小児鍼は皮膚をこする刺激や柔らかい鍼でつんつんとした刺激を与えることにより、皮膚の状態や汗のかき方を安定させます。
実際に体の中に鍼は入りませんのでご安心下さい。

鍼(はり)治療あれこれ

ACUPUNCTURE

刺すときの痛みは?

髪の毛よりも細い鍼を使用しますので、「思ったよりも痛くない」という方がほとんどです。時には「いつ刺したか分からない」という方も少なくありませんので、鍼初心者の方も安心して受けて頂けます。

衛生面は大丈夫?

当院では国内一貫生産の鍼で、全て使い捨ての鍼を使用していますので、感染の危険性はありません。

施術後はどうしたらいいの?

鍼治療の後は、運動・入浴も可能ですが、血圧の変動がみられることがありますので、出来れば1時間程ゆっくりと生活して頂くと安全です。その他は通常の生活をして頂いて構いません。
また、鍼治療の後『重だるさ』が残ることがありますが、鍼に対する体の反応によるものであり、1日~長くて5日程度で取れますのでご安心ください。ご不明点があればすぐにお電話ください。

灸(きゅう)治療あれこれ

MOXIBUSTION

どんな効果があるの?

・筋肉、皮膚、ツボに熱刺激を与え、自然治癒能力を高める効果を期待します。
・体を温めると楽になる場合や、リラクゼーションとしても好まれます。

やけどしないの?

・熱さの調整が出来ますので、やけどの心配はありません。

生理痛に効きますか?

・特に生理痛症状に有効です。

当院で多い治療内容

鍼灸治療における、当院の得意分野をご紹介いたします。

整形外科系症状
  • 首の痛み(肩こり、寝違え、首から腕のシビレなど)
  • 腰の痛み(ぎっくり腰、ヘルニア、坐骨神経痛など)
  • 腕の痛み(ゴルフ肘、テニス肘、腱鞘炎、ばね指、手のシビレなど)
  • 足の痛み(こむら返り、アキレス腱炎、鵞足炎、変形性関節症など)
他科症状
  • 眼精疲労
  • 偏頭痛
  • 生理痛

男性・女性、大人・子ども、治療経験が初めての方にも、それぞれに適した施術を行います。
お気軽にご相談ください。