梅雨の季節になりましたね。低気圧によって頭痛がする、体がだるくなる等の症状が出る方がいらっしゃいます。

天気と体調は、実は深い関係があります。気象の変化が影響して身体に何らかの症状が出たり、悪化したりする病気を「気象病」と
いうことがあり、気象病の中でも、梅雨のように湿気が多い時におこるトラブルは「湿邪」によるものだと考えられています。
雨などで大気に水気が増えた状態を「湿」といい、この湿が増えると身体に悪さをする湿邪となるのです。

つまり湿邪とは、体の中に溜まった余分な水がうまく排出されないことで引き起こる様々なトラブルの原因。
湿邪の原因は、外的の要因に「外湿」と、体内に水が溜まることによっておこる「内湿」に分けられますが、梅雨の時期は、外湿によって内湿が引き起こされることが多々あり、特に湿度に気を付けなければならない時期です。

湿邪によるトラブルは消化器系にもあらわれます。胃もたれがする、食欲が減退する等の不調を感じるのであれば、脂っこいものなど
消化に悪いものを避け、さっぱりとした消化にいいものを取るようにしましょう。
また汗をかきにくい人、トイレに行く回数が少ない人は、積極的に汗をかきトイレに行くようにしましょう。

梅雨の時期は痛み止めが手放せないという方は、本格的な梅雨に入る前に、是非当院へご相談下さい。