岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

目次

  • 立ちあがりでひざが痛む3つの理由
  • 立ちあがりでひざが痛む原因(環境)
  • 立ちあがりでひざが痛む原因(動き方)
  • ひざ痛を感じずに立ちあがるための準備
  • 変形性ひざ関節症の人がひざ痛を感じずに立つ方法
  • まとめ

 

変形性ひざ関節症の方で、椅子から立ちあがる際にひざ痛を感じている人は少なくないと思います。

立ちあがりのひざ痛に日々苦痛を感じてないでしょうか。

そのような日々の苦痛から解放されるため、岐阜市の整体師が変形性ひざ関節症でもひざ痛を感じず立ちあがる方法を解説します。

立ちあがりでひざが痛む3つの理由

はじめに変形性ひざ関節症の方が、椅子から立ちあがる際にひざ痛を感じる理由について説明します。

椅子からの立ちあがりでひざが痛む理由は全部で3つあります。

  • 1つ目の痛みの理由は「筋肉」

立ちあがりの際に、ひざには体重の2倍ほどの力がかかると言われています。

その力を支えるために働くのが筋肉です。変形性ひざ関節症のほとんどの方はひざ周りの筋肉に筋力低下を起こしています。

そのため立ちあがりでひざに大きな力がかかると筋肉が耐えきれずひざ痛の原因となります。

  • 2つ目の痛みの理由は「関節への圧力」

立ちあがる時に、ももの前の筋肉が働くとひざのお皿が関節に押し付けられるように働きます。

この筋肉の働きによりひざ関節に圧力がかかりひざ痛を引き起こす要因となります。ひざの腫れが強い方は特にこれらが原因でひざ痛を引き起こしているケースが多いです。

  • 3つ目の痛みの理由は「靭帯や半月板」

立ちあがり方によってはひざの靭帯や半月板にストレスをかけてしまう恐れがあります。

1回の立ちあがりで痛めることは稀ですが、立ち座りを繰り返すことで靭帯や半月板にストレスが溜まっていきます。

靭帯や半月板は鍛えることができない消耗品です。少しずつ傷がついて炎症を引き起こしひざ痛の原因と成長してしまうのです。

立ちあがりでひざが痛む原因(生活編)

次に、立ちあがりでひざが痛む原因として考えられる生活について説明します。

椅子が低い、または不安定

フカフカのソファは座面が安定しないだけでなく、深く座りこむ姿勢を取りやすいです。お尻がひざよりも低くなるとその分余計に力が必要になります。

和式トイレも同様に深く座りこんだ姿勢からの立ちあがりになりますのでひざへの負担は強くなります。

またキャスター付きの椅子などは立ちあがる際に椅子の足のコロコロが動いてしまい、座面が安定しません。立ちあがりの力がうまく伝わらず、余計な力が入ってしまうことで痛みを誘発することがあります。

履き物が合ってない

室内であれば、スリッパを履いていることも立ちあがり時の痛みをつくる原因となります。スリッパを履くことで足の指の動きが制限されてしまい、足裏の感覚が鈍くなってしまいます。

またスリッパはパカパカと動くため、まっすぐ履けていない状態でいることが増えます。その状態で立ちあがれば、体重のかかり方に左右前後の傾きができてしまいひざへの負担を増やす恐れがあります。

室外では、かかとの高い靴を履いている場合、自然につま先体重になりひざへ負担をかけてしまいます。つま先体重になるとなぜひざの負担が増えるかは、次の章で説明していきます。

立ちあがりでひざが痛む原因(動き方編)

続いて、ひざが痛む立ちあがり方を徹底解剖していきます。

立ちあがる時にひざが前に出る

IMG_0229

立つ時にひざが前に出るとひざ関節にかかる力が増えます。

ひざがつま先よりも前に出ているかどうかが判断基準となります。ひざが前に出ることでひざに対して曲がる力が加わります。

この立ちあがり方になるとひざが曲がる力に抵抗しながらさらにひざを伸ばす必要が出てくるために、筋肉への余計な負担が増え痛みを感じます。

立つ時に足の指に力が入りすぎている

立ちあがり つま先体重

足の指に力が入ることで力点が前方になります。するとより大きな力で地面を押す力が必要になります。

さらにこの時重心が後ろにあると立ちあがることができないため、自然に重心を前に持ってこようと体が動きます。結果的に、ひざも前に出てきてさらにひざへの負担を増やしてしまいます。

この立ち方は筋肉に対してもっとも負担の大きい立ち方になります。

ひざが内側に入っている

立ちあがり 内股

いわゆる内股の状態です。

内股で立ち上がろうとするとひざ関節の靭帯や半月板へのストレスが増します。ひざの靭帯や半月板にとってひざが内側に入った状態で体重がかかるこの姿勢が最も負担が大きくなります。

座り姿勢で背中が丸い

IMG_0228

座り姿勢の背中の丸さも立ちあがりの痛みに関わります。背中が丸くなるとその分、重心が下に下がります。すると位置エネルギーが小さくなり、前におじぎしていく力が弱くなります。

立ちあがる時にわざわざおじぎをする意識はないかもしれません。

しかしやってみてもらうと分かりますが、おじぎをせずに立ち上がろうとするのは非常に困難です。大概の人は立ちあがることができずに後ろに尻もちをついてしまうと思います。

(※ひざの痛みが強い方は無理しないでくださいね。)

ひざ痛を感じず立ちあがるための準備

立つ前の段階として座り姿勢はとても重要です。立つ前の準備としてまず座り姿勢を整えていきます。

  • 骨盤を起こす

骨盤をしっかりと起こし、お尻の骨(坐骨)で座るようにします。

この時に骨盤の起こし方がわからない方は、自分の股関節に指を当て、お尻を包むようにつかみ、手で誘導しながらグイっと起こしてください。

IMG_0233IMG_0234

  • 座り姿勢のチェックリスト(横から)

□横から見た時に、耳、肩、お尻の横(大転子という骨のでっぱり)が一直線になっているか?

□ひざの角度は90°程度であるか?

□かかとは床に着いているか?

□椅子の高さが低く、お尻がひざよりも低くなっていないか?

IMG_0232

  • 座り姿勢のチェックリスト(前から)

□肩幅やや広めに足が開いているか?

□ひざとつま先の向いている方向は同じか?(ひざが内側に入っていないか?)

IMG_0244

チェックリストをもとに、座り姿勢を横と前から確認して見てください。

立ちあがる際、開始姿勢の座り姿勢はとても重要なポイントになります。

座り姿勢を整えることで、重心の位置が高くなります。重心が高くなることで位置エネルギーが大きくなり(黄色の矢印)、楽に立てるようになります。

IMG_0241IMG_0242

  • 椅子の高さは適切か

座り姿勢の横からのチェックリストにもありましたが、横から見た時にお尻がひざよりも低い位置にあると立ちあがりに余計に力が必要になります。

普段使っている椅子が低くて立ちあがりにくいという方は、大判のバスタオルやブランケットなどを折りたたんでお尻の下にひいてもらうと楽に立てるようになります。

IMG_0163IMG_0150IMG_0192

写真のようにバスタオルを折りたたみます。大きなものであれば、お尻の下にひいた時より高さが出ます。それでも少し高さが足りない場合は分厚めの雑誌などを下にひいてもらっても構いません。

座面を高く下場合の写真は以下の通りになります。

横向き 高さ調整

座面が上がることで、ひざよりもお尻の位置が高くなったことが確認できます。このようにお尻の位置が高くなることで骨盤を起こしやすく、また重心の位置が高くなり立ちあがりやすくなります。

座面を高くした場合、1つだけ注意点があります。

それは床からかかとが離れてしまいやすくなることです。必ず床とかかとがついている必要があるため、椅子への座りを少し浅めにするなどして対応してください。

変形性ひざ関節症の人がひざ痛を感じずに立つ方法

ここからは痛みなく楽に立てる方法をお伝えします。

  • おじぎ

股関節からおじぎをしていくように体幹を前に倒していきます。

手をひざから足の内側を通り下方向に滑らせていくことで、手の動きに誘導され自然と股関節から深いおじぎができるようになります。

この段階では特別力が入っている箇所はなく、上半身の体重に身を任せるような感覚です。

IMG_0237IMG_0090

  • お尻が浮く

滑らせた手が内側のくるぶしあたりにきたところで、お尻を矢印の方向をイメージして持ち上げていきます。おじぎの前に倒れる力により、勝手にお尻が浮いてきます。

この時、かかとで体重を支えます。かかとが支点となることで余計な力を使わずに立つことができます。

立ちあがり動作1

この動き方はシーソーの原理と一緒です。シーソーの画像で説明すると、シーソーの支点がかかと、男の子が頭、女の子がお尻です。支点(かかと)がしっかりとしていれば、男の子(頭の重さとおじぎの力)が勝手に女の子(お尻)を持ち上げてくれます。

シーソーゲーム

  • 体を起こす

お尻が自然に持ちあげるコツがわかれば、後は比較的簡単です。

支点となったかかと体重のまま、手を内くるぶしからすねを通り、ひざ、ももと上に滑らせていくように体を起こしていくだけです。

この時もほとんど足の力は必要ありません。お尻を前にキュッと引き締めていくように動きます。流れるように動いていくことがポイントです。

IMG_0240

  • まっすぐ立つ

横から見た時に、上から耳、肩、お尻の横、ひざの横、くるぶしが一直線上になっていれば骨の整列が正しい状態で立つ姿勢になります。

この時足裏の体重はつま先の方ではなく、かかとにかかっていることがポイントです。この姿勢がもっとも関節や筋肉へのストレスが少なく、正しい立ち姿勢になります。

立位 

まとめ

変形性ひざ関節症で椅子から立ちあがる時、ひざ痛を感じる方はこの立ち方を実践してみてください。

さらにこの立ち方を1日10回、繰り返し行うだけで正しい体の使い方をマスターすることができるようになりひざ痛改善へとつながります。立ちあがりの痛みをなくすだけでなく、同時にひざ痛予防のリハビリにもなります。

岐阜市の整体院では変形性ひざ関節症の患者さまでもひざ痛を感じず立ちあがる方法をお伝えしています。

痛みを改善する治療だけでなく、痛みを起こさない立ち方、歩き方などのリハビリも行い、変形性ひざ関節症の悪化を予防することにも力を入れています。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP