岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

当院では、足から全身のバランスを整える施術を得意としています。

院長がこれまで10万施術以上行い、患者様な体を足とともに見てきた経験から、変形性膝関節症の方がやりがちな間違った治療を3つご紹介いたします。

実はごく一般的なことなのですが、これを続けていると良くなる症状も、残念ながら一向に改善されません。

もし、

私やってしまっている!膝の痛みが全然治っていない!

という方は、すぐに治療法を変えてみてください。

変形性膝関節症

 

変形性膝関節症の間違い① シップを貼り続けている

 

シップの効果はご存知ですか?

実は、シップには痛みを治す効果はありません。

厳密にいうと、痛みをごまかす効果はあっても、根本的に改善する効果は得られません。

ですので、湿布を貼ると少し楽な感じはしても、その効果は長くは続きませんよね?

これを繰り返していると、知らぬ間に関節の変形が起こり、取り返しのつかないことになります。

シップを1週間以上貼って痛みをごまかしている方は要注意です。

 

変形性膝関節症の間違い② 温めている

 

「関節は温めた方がいい」こう勘違いしている方も多いようです。

実は痛みが強い時ほどしっかりと冷やし、痛みが落ち着いてきたら温めてほしいのです。

確かに温めることによって副交感神経が働き、痛みを感じにくい状態にはなりますが、膝に関しては炎症を増してしまっている、いわゆる火に油を注いでしまっているかもしれません。

冷やす時期と温める時期をきちんと見極めましょう。

 

変形性膝関節症の間違い③ ウォーキングをする

 

膝の痛みを感じるとまず考えるのが、「足の筋肉が落ちたから?」もしくは「太りすぎ?」です。

いずれにせよ、焦って初めてしまうのが「ウォーキング」です。

でもちょっと待ってください。本当に足の筋肉が落ちていたら、膝の関節が支えられません。膝を支えられない体でウォーキングをしてしまっては・・・。

さらに「太りすぎ?」と思っていても、よく考えてみてください。痩せていても膝が悪い方はたくさんいるのです。

そもそも、ウォーキングには筋力強化の要素は非常に少ないことが分かっています。

ウォーキングをしても筋力は付かない、ましてや、膝に過度な負担をかけてしまっている。

その結果、「ウォーキングを始めたら膝が痛くなった」という方が後を絶ちません。

筋力を付ける順序をきちんと知りましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ついついやってしまっている方も多いのではないでしょうか。

治療は、これをやれば良くなる!ということはありません。

逆に、どんなに良い治療をしていても、体に悪影響を与えていては治りません。

是非お身体を見直してみてくださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP