岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

・膝に水が溜まった

・整形外科で水を抜いてもらった

・ヒアルロン酸注射をした

このような治療を継続したのち、治らないまま当院に来られる方はたくさんいます。

皆さんに聞かれるのが、「膝の水を抜くと癖になるってホント?」ということ。

当院では「癖になる」という表現は否定しています。

その理由は・・?

 

膝に水が溜まる時

 

体の中に水が溜まったものを「水腫(すいしゅ)」といいます。

膝に水が溜まるのはどんな時なのでしょう?

実は水が溜まりかけた時には、すでに膝の症状が進行した時なのです。

特に皆さんに共通していることは、膝にまっすぐ体重がかかっていないことです。

よくよく見ると、歩いている時に膝が伸びきっていなかったり、O脚気味になっていたりすると、膝に斜めに体重が掛かってしまいます。

これを繰り返していると、だんだん膝が壊れていき、結果的に膝に水が溜まってしまうのですね。

変形性膝関節症

どこに水が溜まるの?

 

膝に水が溜まると言いますが、実際にはどこに水が溜まるのでしょうか?

実は水が溜まる場所は1カ所ではなく、数カ所に溜まる可能性があります。

大きく分けると、①関節の中、と、②関節の外、です。

関節は「関節包(かんせつほう)」という袋に包まれています。この関節包の中か外か・・。

 

①関節の中に水が溜まる

これは、膝の関節の中で炎症が起こったり、組織の損傷が起こった場合に起こります。

例えば、半月板損傷十字靱帯損傷などです。また、スポーツ中の急激なケガなどで関節包自体に傷が付いた時も、関節の中に水が溜まります。

関節の中に水が溜まると、関節を包んでいる袋が水風船のように引き伸ばされます。

実はこの時の痛みの原因は、関節包が伸ばされることによって痛みを感じていることがほとんどです。

ですので、まずは炎症を抑え、腫れを引かせることが第一選択となり、腫れが引くと痛みも治まることがほとんどです。

ちなみに、この時の水の色は、血が混じった赤色の水の可能性が高くなります。

 

②関節の外に水が溜まる

このケースは、関節の中には炎症が無く、周りの筋肉に原因があることがほとんどです。

実際に水が溜まる場所は、滑液包(かつえきほう)と言って、筋肉と筋肉の隙間に有り、本来は動いた時に起こる筋肉の摩擦を軽減する役割があります。

滑液包に水が溜まる場合は、炎症が無くても、筋肉に過剰が負荷がかかった時などにも水が溜まります。

その際は、負荷のかかって硬くなっている筋肉を柔らかくすることが第一です。

当院では、特殊な高周波療法、圧痛点マッサージ、スポーツストレッチなどを用いて、筋肉の状態を回復していきます。

この時に溜まる水の色は、透明か薄い黄色です。

 

膝の水を抜いても癖にならない!

 

当院では「癖になる」という表現は使用しません。

そもそも膝に水が溜まるのは、関節の中・外のいずれかに腫れをもたらす原因があるのです。

あなたがこれまでやってきたことが整形外科で水を抜くだけの治療だとしたら・・、これでは水が溜まった原因が無くなっていないので、水腫は繰り返されます。

これを「癖」というのでしょうか?

水を抜いた後に原因を追究して、水が溜まる原因を無くす生活を心掛ければ、再発はしなくなります。

例えば、

膝の筋力不足によって炎症が起こり水が溜まっているのであれば、水が無くなった後に筋力を付ける。

膝の筋肉が硬くて伸びない・曲がらないのであれば、筋肉を柔らかくして可動域を広げる。

こういった本当の原因にアプローチすることによって、今まで何度も水が溜まっていた方が、自然と繰り返さなかくなっていくのです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

膝の水を繰り返し抜いている

数年に一度膝に水が溜まる

原因を取らずにこれらを繰り返していくうちに、あなたの関節は変形が進み、ついには人工関節の対象になってしまうかもしれません。

当院は、将来の人工関節患者を減らすために、今から出来る最善の治療法を提案しています。

生涯自分の脚で歩きましょう!

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP