岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

皆さんは、肩が凝った~!と思った時、何を一番に思い浮かべますか?

恐らく多くの方が、「マッサージしてほしいな・・」と思うのではないでしょうか。

確かに辛い時に痛い所をもんでもらうととても心地よくなりますよね。

しかし、実は「マッサージ」にも種類があるのをご存知ですか?

意外と知られていないのですが、私たちのような『あん摩マッサージ指圧師』という国家資格を持って仕事をされている治療家さんはごくまれなのです。

では最近目に付く、60分2,980円のお店は・・?

今回は注意してほしいマッサージ業界の裏事情をお伝えします。

交通事故治療

マッサージ師という国家資格

 

実は「マッサージ」という言葉は、あん摩マッサージ指圧師という国家資格の持ち主でなければ使用してはいけないことになっています。

非常に分かりにくいのですが、〇〇式マッサージや足裏マッサージなど、マッサージの頭に何か言葉が付けば誰でも使用して良いということになっているのです。

ですので、60分2,980円は、「ても〇ん」などの屋号を使い、揉み屋さんという部類になります。

残念ながら、この様なお店には体のことを正式に学び、技術を習得している方はいないと思って頂いた方が良いようです。

この様なお店は「少し触ってもらえたらいいわ~」という方は言っても問題ないですが、

・痛みを何とかしたい

・体の状態をきちんとみてほしい

・体のバランスを整えてメンテナンスをしたい

という方にはおススメできません。

事実、「安いマッサージ屋に行ってから痛くなった」と言って来院される方も少なくありません。

 

揉み屋さんとマッサージ国家資格者の違い

 

揉み屋さんで働いている方は、基本的には体の知識を学ぶ学校を卒業した方は少ないようです。(一部資格者が働いている場合もあるようです)

マッサージ師は、3年間の専門学校を卒業し、国家資格を取得していますので、最低限の解剖学などの知識は有しています。

技術に関しても、揉み屋さんでは、誰でも一定の揉み方を習って、気持ち良いように揉むのに対して、マッサージ師は、体の構造を理解して、症状を改善するように全身のバランスを取りながらマッサージを行っていきます。

一番の違いは、症状改善のために必要な体の知識・技術・ノウハウがあるかどうかです。

単なる癒し、その場限りの疲れ取りを求めるなら揉み屋さんへ。

体の構造を分かった人に触ってもらいたい、何かしらの症状を抱えて改善・ケアを目的に行くなら治療院へ。

この違いをしっかりと理解してかからないと、あなたの大切なお身体が大変なことになってしまいます。

 

 

まとめ

imasia_6492393_M-e1475658463151

肩こりで当院に来ていただける方は、ほとんどの場合、揉み屋さんや整体に行っても治らない方です。

肩こりと言えども、たかが肩こり・されど肩こり、肩こり知らずの人には分かりませんが、時には頭痛や吐き気を伴うとてもつらい症状なのです。

本当に治したい・・。どこへ行っても治らない・・。

辛い時だけマッサージに行くけど、すぐに元通り・・。

この様な方はきちんと体の構造・バランスを見ると劇的に改善します。

本当にお困りの方はいつまでも対処的な揉み屋さんに行かずに、是非ご相談くださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP