岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

デスクワークで首が痛い・・

肩凝りが酷いと頭痛が出る・・

目が痛くて開けていられない・・

頭痛薬が手放せない・・

こんなお悩みはありませんか?

意外と相談が多い頭痛・眼精疲労。

この症状に悩んでいる方はほぼ間違いなく持っている特徴があります。

実は言われるまでその特徴に気付いていない方も。

その特徴とは・・・。

肩こり

頭痛と眼精疲労の方が持っている特徴

 

それは、首の熱感・のぼせです。

頭痛と眼精疲労で辛い症状を訴える方は、ほぼ間違いなく首を触ると熱い方が多いです。

首回りに熱を持つと感じるのが、のぼせです。

特に緊張した時、いつもと違う環境に出掛けた時、疲れが溜まった時など、首回りが熱くなって、のぼせた感じを覚える方も少なくないのではないでしょうか?

実はその熱が悪さをしていますよ。

 

のぼせと頭痛・眼精疲労の関係

 

首回りが熱い、のぼせるということは、首の筋肉が硬くなって、血流が首に停滞してしまっているという事です。

心臓から首を通って頭・目・顔に行く血液が、首から上に行かなくなってしまいます。

すると首から上、いわゆる頭や顔は酸欠状態となり、頭痛や眼精疲労、更には鼻づまりや口が乾くといった症状まで出てきてしまいます。

あなたの首も他の方と比べてみると熱いかも?

 

のぼせ・熱取りに有効な鍼治療

 

当院の患者さんの多くの方に鍼治療の効果を実感して頂いています。

頭痛・肩こり・眼精疲労の方は、ほぼ間違いなく鍼治療をオススメしています。(体質として合わない方、鍼治療が怖い方は除きます)

鍼治療は首の筋肉をほぐし、血流改善に非常に効果がありますので、その場で症状が変わる方もたくさんおられます。

そして、実は鍼治療には熱取りの効果も十分に得られます。

鍼をした後に、

目がぱっちりした

視界が明るくなった

首が軽くなった

頭が軽くなった

という変化は、首回りの筋肉が緩み、血流が改善し、結果的に熱が取れた効果でもあります。

 

まとめ

imasia_3878090_M

首に熱を持っている方は少なくありません。

しかし、残念なことにその症状に気付いていない方もたくさんいます。

あなたは自分の首を触って「私は熱くないな」と思っていても、他の方と比べるととても熱い!ということはよくあります。

頭痛や眼精疲労、万年肩こりの方は是非首の熱を取って、スーッと軽くなる感じを実感してみてくださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP