岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

膝が痛い、股関節が痛い、という方が気になるのが、人工関節の話。

テレビや新聞でも大きく取り上げられるのが、変形性膝関節症や変形性股関節症の方が人工関節を入れて、とっても楽に歩けるようになったという声。

歩くのが辛い、、痛い、、という方はどうしても何かにすがりたくなり、整形外科でも「人工関節の適応ですね」と言われると、決死の判断を迫られているのではないでしょうか。

でも、やっぱり不安ですよね。

本当に痛みが無くなるの?

手術をしたら歩けるようになるの?

自転車は乗れるの?

様々な不安があると思います。

当院では人工関節を検討していた方にもご来院頂き、様々な要素を相談しながら施術を行っております。

もちろん、人工関節のメリットが高ければ手術に踏み切る患者様もいらっしゃいます。

人工関節を入れた後に通われる方も多数おられます。

当院の掲げる【生涯自分の脚で歩く体を今から作る!】というメッセージの元、皆さんに寄り添った施術をしております。

今回は人工関節について、少し詳しく見ていきましょう。

あなたの脚はまだまだ使えるかもしれません!

変形性膝関節症

人工関節が必要な時

 

膝が痛い、股関節が痛い時、あなたは整形外科で人工関節を勧められるかもしれません。

しかし、痛いだけで人工関節を入れるのでしょうか?

おそらく病院では、年齢や骨の状態などを詳しく調べて、人工関節を検討していくと思います。

その中で最も大切なことは、あなたの日常生活に多大な支障が出ているかどうかです。

もしあなたがレントゲンを撮って、骨がボロボロだったとしても、痛み無く生活できていれば手術をする必要は少なくなります。

仮に、膝が全然曲がらない、痛みは多少感じるけどそんなに日常生活で苦になることはない、そうであれば人工関節の適応度は低くなります。

逆に、68歳の女性でこの様な方がいました。

痛みは少ないんだけど、骨の変形が酷くてまっすぐ歩けない。これでは仕事に大きく差し支えるので、人工関節手術をやる。

その結果、非常に満足な歩行を獲得し、仕事を継続することが出来ました。

 

人工関節を入れる前にやっておくべきこと

 

なるべく手術を遅らせること

その判断は非常に難しいのですが、最近ではいくら質の良い人工関節だからと言っても、体内に入れる金属の耐久年数があります。

一般的に10年から20年と言われていますが、若い頃に早々に人工関節を入れると、その後に取り換えのオペが必要になる場合もあります。

骨の状態と、体の状態などの検討材料は必要ですが、何でもかんでも人工関節というのはやめましょう。

 

施術を受けておくこと

実は先程もお伝えしたように、人工関節の手術が必要かどうかは本人の生活スタイルによります。

レントゲンで骨が変形しているから、O脚が酷いから、という理由だけでは手術は行いません。

ですので、一度骨の状態を把握したら、どうしても人工関節が必要になるまでは治療院などで施術をしておくことが大切です。

その代わり、人工関節に疎い治療院も数多くありますので、必ず当院のような人工関節患者を多く見ている院や、整形外科との連携がしっかり取れている治療院さんで施術を受けてください。

注意事項ですが、あくまでお体の状態を把握し、決して手遅れにならないような管理のもとに施術を行ってください。

当院の場合は、必ず専門整形外科の診断を確認させて頂き、行える施術を的確に行っていきます。

その結果、人工関節しかないと言われていた患者様が、手術の必要を忘れてしまうほど改善した71歳女性の方もいらっしゃいます。

 

筋肉を付けておくこと

膝も股関節も、変形を来す方のほとんどは筋力が落ちています。

実は、筋力を付けて関節を支えられるようになるだけでも、痛みが治まる患者様もいらっしゃいます

痛みが無くなれば、人工関節は必要なくなりますよね。

一方、もし人工関節の手術を行う場合、手術前に太ももの筋肉を付けておく【術前リハビリ】というものがあります。

これは、手術後は膝の可動域が少なくなり筋力も激減することから、手術前に筋肉量の蓄えを増やしておくというものです。

かなり大変な作業ではありますが、いかに筋肉量を増やしておくことが重要かを分かっていただけると思います。

もちろん、筋肉を増やす運動は、膝や股関節に負担のかからない安全な状態で、専門家の指示のもとに行ってください。

やさしい整体

まとめ

 

整形外科で「人工関節を・・」と言われると、とても不安ですよね。

大きな手術になりますので、怖くて怖くてどうしようもないと思います。

当院では人工関節適応の患者様、手術後の患者様、なにより、人工関節にならない体作りを最優先しておりますので、絶対に人工関節になりたくない!という方は、予防・改善も視野に入れて当院に、ご相談だけでもお越しください。

最後に、是非皆さんに知っていただきたい。

人工関節は他人事ではありません!

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP