岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

当院には膝・股関節の痛みを訴える患者様がたくさんおられます。

なかでも変形性関節症の患者様が多くいらっしゃいます。
当院のスローガンでもある「将来の人工関節患者さんを無くす!」ということを達成するには、いかに早く変形を食い止めたり、いち早く患者様に気付いて頂くことが大切だと考えています。

膝、股関節の痛みを訴えて変形性関節症の診断を受ける方にほぼ間違いなく確認される症状。それは筋力低下(筋委縮)です。

実は、変形性関節症を起こす原因は筋力低下にあり、更に症状を進行させるのも筋力低下にあります。

当院では変形性関節症による人工関節を未然に防ぐために必ず行っていただく運動方法があります。

ベッド上で、30秒で終わるますので、今日から始められます。

是非トライしてみてくださいね。

 

変形性関節症の負のスパイラル

 

変形性関節症は一朝一夕で形成されるものではありません。

初めは何かの怪我が誘因になったり、徐々に痛みを出したりしますが、いずれにしても何か月、何年もかけて関節の形を変えていきます。

 

負のスパイラル① 初期症状が分かりにくい

変形性関節症が進行して来院される方の多くは、

「痛いかな?と思ったけど、今までは数日すれば治っていた。」

とおっしゃいます。

しかし、実はこの時すでに関節の変形が始まっていることも少なくありません。

変形性関節症の初期症状の特徴は、

  • 痛みにがある
  • 動くとたまに痛い
  • 関節に違和感がある

など、いわば「この程度」です。

だから皆さんついつい放っておいてしまうのです。

 

負のスパイラル② 痛みをかばう

30f6eede2a81508a73393e6b288257c5_s

例えば、あなたも1度や2度は膝や足首が痛くなった経験はあると思います。

その時どの様にして歩いていたでしょう?

恐らく痛い方の脚に体重を掛けないように、ちょこちょこ歩いたり、痛みのない脚に体重を掛けて立っていたりしたのではないでしょうか。

この様な「かばう」動作が増え、更に長く続くと、

  • 著しい筋力の低下
  • 痛みをかばった動きを体が覚える
  • 歩き方が変わる

など、体に二次的な影響が出てしまいます

 

負のスパイラル③ 筋力低下

痛みをかばって日常生活を送っていると、皆さんが気付かないうちに体のさまざまな部分の筋力が落ちていきます。

例えば、以下の一つでも当てはまる方はほぼ間違いなく筋力が落ちています。

  • 1カ月以上同じ痛みを引きずっている方
  • 痺れを1カ月以上感じている方
  • 片脚に痛みがあってしっかりと体重を掛けれない方
  • 体が揺れて歩く方
  • 片方の肩が下がっている方

基本的には1カ月以上痛みを感じている方は、痛みの周囲から筋力が落ちていきますので、今すぐにでも筋力を付ける運動をしなければなりません。

但し、間違った方法で行っていては痛みを増幅してしまう場合もありますので、運動方法に関しては必ず事前にご相談ください

 

負のスパイラル④ さらに痛くなる

44a1904fd0e32454af470cd60c73f4c1_s

痛みをかばって、今までとは違う動き、さらには筋力が落ちることによりさらに関節に負担が掛かると、初めの痛みが倍増したり、別の箇所が痛くなってしまいます。

これらの負のスパイラルを食い止めるには、必ず今までのあなたの行動や治療の方法を劇的に変える必要があります。

当院には、様々な整形外科や鍼灸院、整骨院を渡り歩いて来られる患者様ばかりです。

皆さんには受け入れられないかもしれませんが、我々は全く新しい考え方で施術のご提案をします。

それは、

今までと同じことをしていても結果は同じ=痛みは変わらない

という概念を持っているからです。

その一つの方法が、正しい筋力強化(エクササイズ・トレ―ニング)です。

 

人工関節を未然に防ぐ魔法のような運動

 

この運動は1日30秒で結果が出ます。

毎日30秒行っていただければ、早い方で約1~2週間で1回目の変化が表れます。

遅くても1カ月続けて頂ければ、運動のしやすさ、歩きやすさなどを実感できます。

さらにこの変化を定着させるには、この運動を3か月は行ってください。

但し、3か月行う頃には、あなたの体はすでにパワーアップしていますので、この運動では物足りないかもしれません。

その時には次のステップの運動をお伝えいたします。

どんな治療法よりも最短で体を変える方法です。

是非行ってみてください。

 

運動を行う理由

1f08ab4c130abafcea5061d146b7e94c_s

この運動はお尻と太ももの裏の筋肉を付けるための運動です。

膝や股関節に変形を作る原因として、ほぼ100%の方にお尻の筋肉の筋力低下が見られます。

人工関節適応の患者様が痛みを抱えながら生活をしてしまうのは、お尻の筋肉を鍛えていないことが大きな原因の一つです。

この運動を行うことによって、股関節が安定し、膝関節も安定した歩行を取り戻せます。

関節を守る重要な筋肉ですので、関節の変形も予防できます。

  • 関節が痛い
  • 関節が緩くて不安定
  • 病院で変形性関節症と診断された

という方は、是非行ってみてください。

 

仰向けに寝てお尻を上げるだけの運動方法

 

こちらの運動は動画で説明しています。

動作としては、

  1. 仰向けになる
  2. 膝を立てる
  3. お尻を持ち上げる

という単純な動きですが、細かく丁寧に行うと非常に奥の深いトレーニングになります。

必ず動画を確認して、効果的に行ってくださいね。

▼▼動画を確認するには下の画像をクリックしてください▼▼(YouTube動画を開きます)

HL

 

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP