岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

「股関節が痛い・・」と言って整形外科へ。

最近の医療業界で頻繁に診断されるのが「FAI」です。

レントゲンを撮って診断されたけど、病態も治療法もよく分からない・・。

整形外科で診断される近年新しい診断名「FAI」とは?

 

股関節の挟まり損傷

 

FAIのことを「股関節インピンジメント」と言い換えることもあります。

さて、「インピンジメント」とは?日本語では「挟まる」という意味になります。

股関節イラスト

股関節とは、骨盤に太ももの骨がカパッとはまっている部分を指します。

関節部分には「関節唇」という軟骨があります。この関節唇は、膝の半月板に当たり、関節の中の摩擦を軽減するクッション作用をもたらします。

関節の動きが悪かったり、骨の変形がある場合、股関節が深く曲がった時にこの関節唇を挟んだり、骨同士がぶつかり合って、しゃがみ込み動作の際に股関節の前側に物が挟まったような痛みを出してしまいます。

このような関節の形状が原因で痛みを出す疾患をFAI(股関節インピンジメント)と言います。

 

FAI(股関節インピンジメント)の種類

股関節側面

FAIは大きく2つのタイプに分類されます。

※上の写真は股関節を真横から見た所です。向かって右がお尻側。つららの様に垂れ下がっているのは「しっぽ」に当たる部分です。

 

CAM(キャム)タイプ

股関節の太もも側の骨が変形します。

関節を構成する凹凸の凸側が大きくなることによって骨が当たってしまいます。

 

Pincer(ピンサー)タイプ

股関節の骨盤側の骨が変形します。

関節を構成する凹凸の凹側の被りが深くなることによって骨が当たってしまいます。

 

FAIの主な症状

 

FAI(股関節インピンジメント)の初期症状は、軽度のものから始まることが多いので、つい放っておきがちです。

しかし、股関節は変形が起こりやすい関節でもあるため、痛みを我慢し過ぎると徐々に痛みが増し、動きの制限も強くなってしまいます。

主な初期症状としては、

☑ 長時間立っていると股関節が痛くなってくる

☑ 深くしゃがんだ際に股関節の前側でつまり感がある

☑ 片足で靴下が履きにくくなってきた

☑ 爪を切る時に体が前に倒れなくなった

☑ 朝起きた時に脚の付け根にうずく様な痛みがある

などです。

 

初期症状の場合、周りの筋肉を緩めることや、関節周囲の筋トレを行うことで痛みや動きの回復をすることができます。

症状が進んでいくと、骨や関節の変形が強くなり、骨を削る手術が必要になる場合もありますので、長く放っておかずにご相談くださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP