岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

股関節が痛い、お尻や腰がだる重い。。。

そのような症状を抱えて病院を受診すると変形性股関節症と診断されます。

そして、変形性股関節症と診断された方のほとんどに【臼蓋形成不全】の既往歴があります。

変形性股関節症が進行し重度となれば治療法が限られ、人工関節を余儀なくされることが容易に考えられます。

今回は、股関節の痛みを感じている方へ、その痛みと臼蓋形成不全の関係について岐阜市の整体師が解説します。

臼蓋形成不全とは?

臼蓋形成不全と言われて、何がどうなっているのかがわかる方はまずいないと思います。

そもそも、股関節ってどこにあるのかもわかりにくい。

骨盤模型 股関節

写真は骨盤模型です。

人間の骨盤を正面から見た写真になります。写真にも記載してますが、ピンクの丸で囲ってあるところが股関節になります。

股関節は、骨盤と太ももの骨をつなぐ関節です。

骨盤側には臼蓋という受け皿となる部分があり、太ももの骨の先端は骨頭と言い、丸い球体になっています。

骨盤模型 臼蓋 骨頭

写真のように臼蓋に、骨頭が納まる状態が正常な股関節です。

臼蓋形成不全とは、簡単に言うと股関節の受け皿である臼蓋が小さすぎる状態のことです。

股関節 手書き

写真の向かって左側は正常の股関節。向かって右側は臼蓋が小さく、骨頭が外に抜けている(亜脱臼もしくは脱臼)状態です。

臼蓋が小さいと股関節に体重がうまくかかりません。そのため骨と骨とがこすり合わさり、時間とともに関節の軟骨がすり減り病院を受診すると「変形性股関節症です」と診断されます。

臼蓋形成不全で股関節が痛む理由

軟骨片が原因で股関節内に炎症が起きる

臼蓋形成不全では、骨盤と太ももの骨がこすり合うことで関節の軟骨がすり減ります。

このすり減った軟骨の小さな欠片により滑膜に炎症が起き、股関節の痛みを生じます。

股関節周囲筋による痛み

臼蓋形成不全では、股関節が安定しないためその周りの筋肉をガチガチに固めて股関節を無理やり安定させようとします。

すると、股関節周囲の筋肉が疲労するためにだるさを感じたり、痛みを生じることがあります。

骨が変形してくる変形性股関節症

軟骨のすり減りなどが悪化してくると、臼蓋の骨が変形してきたり、骨頭が硬化してきたり股関節を構成する骨に変形が起きます。

この状態がいわゆる関節症、変形性股関節症です。

骨が変形することで、骨棘(こつきょく)といい骨のトゲができます。そのトゲに軟部組織が当たることで炎症を引き起こし、痛みを生じます。

【放置は絶対ダメ】変形性股関節症の80%は臼蓋形成不全が原因

臼蓋形成不全を放置しておくとどうなるのか?

おそらくほとんどの方が40〜50代で股関節に強い痛みを感じ、病院にいくと「変形性股関節症ですね」と診断されます。

なぜなら、変形性股関節症の原因の80%程度はこの臼蓋形成不全といわれているからです。

重度の臼蓋形成不全の場合、手術などの治療が選択されますが、軽度の臼蓋形成不全では特別治療を受けないことがほとんどです。

軽度の臼蓋形成不全であっても徐々に軟骨がすり減ったり、股関節周囲の筋肉が疲労を起こして痛みを生じることはあります。だいたい20代前後で股関節の痛みやお尻のだるさを感じているはずです。

しかし、「数日ほかっておいたら痛みが減った」「寝たら治った」など、自分で判断してそのままにしてしまい何もしないと変形性股関節症まっしぐらです。

20代前後で股関節の痛みを感じている方は、必ず専門院を受診してください。

日本では、生後3〜4か月の検診で股関節の状態を調べることになっています。

その時に臼蓋形成不全やそれに伴う先天性股関節脱臼(臼蓋に股関節が納っていない状態)が見つかることもありますが、見落とされてしまう可能性もあります。

また赤ちゃんの頃に診断を受けるため、知らない人もけっこういます。自分の過去の既往歴を親に確認しておきましょう!

まとめ

変形性股関節症などの関節症は、必ず初期症状となるものがあります。

その際に、痛みをそのままにしておくことと適切な対処をとるのとでは、5年後10年後に大きな差になります。

股関節の痛みを感じているあなたが、今日からできることをリストアップしました。

・臼蓋形成不全やそれに伴う脱臼(亜脱臼)の既往がないかを確認する。

・専門院で診察を受ける。

・痛みの原因を取り除くため、適切な施術を受ける。

・痛みのでない体づくりを専門家指導のもと継続する。

変形性股関節症になり、当院にみえる方は口を揃えて「こんなにひどくなると思っていなかった」と言われます。

股関節の痛みに少しでも不安を感じているのであれば、まずは勇気をふりしぼって一歩、踏み出してみてください。

岐阜市の整体院では、将来の人工関節をなくすため、股関節の痛みの原因を取り除く施術や予防のためのリハビリトレーニングを行っています。

また自宅でもできるストレッチや簡単なエクササイズもお伝えしています。

自宅でできるストレッチや簡単なエクササイズはLINE@で動画にて解説しています。

 

 

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP