岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

スポーツ障害として知られている肘のケガ。

実は、スポーツをやっていない一般の人でも同じような症状を引き起こしていたりします。

内側上顆炎や外側上顆炎と言う言葉はあまり馴染みがないと思いますが、テニス肘やゴルフ肘と言う言葉は聞いたことがあるかと思います。

テニス肘やゴルフ肘などは、そのスポーツをやっている人にしか起こらないと思われがちでは実はそうではありません。

今回は、テニス肘やゴルフ肘と言われる症状がなぜ一般の人にも起こるのかを、症状の起こり方から紐解いていきたいと思います。

動画でみたい方はこちら↓

文章で読みたい方は続きをどうぞ↓

ゴルフに多い内側上顆炎

内側上顆炎とは、肘の内側で炎症が起き痛みを感じるものを言います。

写真で指しているあたりです。

S__14163970

肘の内側には、手を握る時に使われる筋肉がついています。

そのため繰り返し手を握る動作を行う機会が多い場合に内側上顆炎は起こりやすくなります。

この内側上顆炎をスポーツ障害で何と呼ばれているかと言うと、「ゴルフ肘」です。

ゴルフで何球も打ち続けていると、疲労が蓄積し肘の内側に炎症を起こしたり、またゴルフでダフった時などは肘の内側に大きな負荷がかかります。

テニスに多い外側上顆炎

外側上顆炎とは、肘の外側で炎症が起き痛みを感じるものを言います。

S__14163971

こちらの写真で指しているあたりになります。

肘の外側についている筋肉は手首を引き上げる働きがあります。

その肘の外側で炎症を起こす症状を外側上顆炎と言います。外側上顆炎をスポーツ障害で何と呼ばれているかと言うと、「テニス肘」です。

一般的には、説明したように肘の内側で炎症を起こすとゴルフ肘、肘の外側で炎症を起こすとテニス肘と言います。

しかし、実はゴルフでも肘の外側で炎症を起こすこともありますし、その逆もまた然り。テニスでも肘の内側で炎症を起こすこともあります。

大事なことはどこで炎症を起こして痛みを出しているかを正確に見極めることです。

スポーツをやっていなくても「テニス肘」「ゴルフ肘」になる?!

スポーツ障害として知られている肘の症状ですが、これらはスポーツをやっていなくてもなります。

たとえば、日常生活でモノを握る回数が多かったり、負担が集中したりすれば、握るために働く筋肉が肘の内側についているため、その部分に炎症を引き起こし、内側上顆炎(いわゆるゴルフ肘)と診断されます。

また、手首を引き起こす動きを多く行うことで、その筋肉が肘の外側についているため、そこで炎症を引き起こし、外側上顆炎(いわゆるテニス肘)と診断されます。

このようにスポーツをやっていなくても日常生活の何気ない動きの積み重ねが原因で、テニス肘やゴルフ肘と同じ痛みを感じるようになることも少なくありません。

そのような方は、買い物袋を持つ時に肘に強い痛みを感じたり、コップや茶碗などを持つだけでも痛みが走るようになります。

まとめ

テニス肘やゴルフ肘などスポーツ障害によくみられる肘の障害ですが、そのスポーツをプレイされている方はもちろんの事、そうでない方も肘の痛みを感じる場合は多々あります。

肘の痛みを長年感じている方は、その痛みがあることが当たり前になっており、痛みを我慢してスポーツをしたり、日常生活を送っていたりします。

しかし、これら肘の痛みもちゃんとケアを続けてれば改善することは可能です。

もし、肘の痛みで悩んでいるのであれば一度ご相談くださいね。

 

【 LINE@×ほんごう鍼灸接骨院 】

  • 体や健康に関する最新情報の提供
  • 体や健康に関する質問
  • セルフトレーニングやストレッチの動画配信
  • LINE@限定のお得なクーポン配信

【 ほんごう鍼灸接骨院You Tubeチャンネル 】

・体や健康に関する情報を配信

・トレーニング、ストレッチを配信

・食事管理、ダイエットに関する情報を配信

https://www.youtube.com/channel/UCqEwNcTUeKC9m4bhKHDmRHQ

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP