岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

股関節痛、だけではないですが・・、これは早く治したい!と思うのが、寝れない痛みです。

ベッドに横になるとうずくように痛い・・

痛みで毎晩30分は寝付けない・・

夜中に痛みで必ず目が覚める・・

明け方に目が覚めると寝付けない・・

寝れない痛みは辛いですよね。

特に腰・股関節・膝が痛い方は寝る体勢に迷うと思います。

しっくりくる姿勢を取るまでが・・。という悩みを抱えていませんか?

今回はちょっとしたコツで眠りやすくする方法をお伝えします。

ベッド頭抱える

腰痛・股関節・膝が楽!仰向け編

 

仰向けに横になった時、ゆっくり足を伸ばさないと力が抜けない・・という方が結構います。

この様な方は、膝の下に座布団を入れて、膝を少し浮かせて寝てみてください。

特に、仰向けになった時に

・膝が浮いてしまう方

・腰が反ってベッドの間に隙間が出来てしまう方

は、この方法が楽に寝られるはずです。

 

腰痛・股関節・膝が楽!横向き編

 

上向きは辛い・・横向きになろう・・

と思って横向きになってみたはいいけど、やっぱり辛い・・。

そんな時も、膝の間に枕を挟んでみてください。

もしくは、上になっている脚を曲げて抱き枕を抱えるように、膝が枕に乗るようにしてみてください。

これは膝痛の方にも効果的です。

実は横向きになった時に股関節や膝関節が痛む原因は、上の脚の膝がベッドに近づいていくように膝や股関節が捻られるからなのです。

上になっている脚が落ちていかないように枕や座布団を挟むと痛みが軽減される方が多いのです。

 

腰痛・股関節・膝が楽!うつ伏せ編

 

実は私は、毎日うつ伏せで寝ています。

子どもの頃からの癖ですが、一番熟睡できます。

しかし、腰痛や股関節痛の方にはつらい姿勢ですね。

でも、どうしてもうつ伏せで寝たい!という方は、お腹の下に枕を入れてみてください。

お尻が浮いて、横から見ると腰がくの字になっている姿勢を作ります。

うつ伏せで寝ていると腰痛になるのは、寝ている間に腰が反ってしまうことが原因となっていることがほとんどです。

ただ、腰痛・股関節痛の方にはあまりおすすめできません。

 

まとめ

 

背伸び女性

いかがですか?

寝ている時の痛みは体の構造を考えて対策をすると、比較的痛みを緩和することが可能です。

もしかしたら、試行錯誤の末、既に楽な姿勢を見付けているかもしれませんね。

症状によっては、この姿勢はやめてください!とお伝えすることもありますので、気を付けてみてくださいね。

最後に必ず知っておいていただきたいのは、就寝時・安静時にうずく痛みは、放っておいてはいけない疾患の可能性もありますので、必ずご相談くださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP