岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

この記事の3行まとめ

腰椎椎間板ヘルニアは、加齢による腰椎の退行性変性やスポーツなどの力学的負荷が直接的な原因であり、症状を悪化させないために今日からできることは、コルセットを着用して腰へのストレスを減らし、腹圧を高める筋力をつけることです。

はじめに

この記事を読んで頂いている方は、恐らく脚の痺れを感じ、「もしかして私ヘルニアかも」と心配されていることと思います。

痺れがあると、動きたくないですし、座っていても辛くどうしたら痺れが引くのか悩みますよね。

私もヘルニアを経験していますので、その辛さは非常によくわかります。悪くなって歩けなくなったり、手術を心配することは精神的にもかなり追い込まれます。

先のことを考えるのも嫌になりますよね。

今回は、【足が痺れてヘルニアを心配しているあなたへ】ヘルニアの原因と今日からできる対策について、ヘルニアを経験し自分で完治させた岐阜市の整体師が解説していきます。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアとは、腰の背骨の間にある椎間板という組織が何らかの理由で後方に脱出し、背骨の後ろを通る神経を圧迫することで、腰痛や坐骨神経痛などの症状を引き起こす腰の疾患を言います。

言葉の説明では、わかりにくいので絵で解説していきます。

背骨

絵を見ると骨と骨の間に、赤(髄核)と青(線維輪)で図示したものがありますよね?

これが椎間板と言われる組織で、この椎間板を細かく分類すると赤い部分の髄核と言われる組織と、青い部分の線維輪と言われる組織に分けられます。

よりわかりやすいように私の好物であるシュークリームを椎間板に例えて解説していきます。

シュークリーム

今回は、セ◯ンイレ◯ンの新作、「さつ◯いもこ」で説明していきます。(美味です!)

パッケージの写真をご覧ください。

この中のクリームが髄核、外の皮が線維輪です。非常にわかりやすいですね。

シュークリーム 腰椎 神経

背骨の間にそれぞれ椎間板があります。

椎間板は水分を多く含み背骨のクッションの役割があり、背骨にかかる圧力を吸収し分散してくれます。

シュークリーム 吸収

直立した状態で生活する人間は体に対して常に重力を受けていますが、この椎間板が重力負荷を吸収し分散させてくれているのです。

しかし、その椎間板が何らかの理由で背骨の後ろ側に脱出すると・・・シュークリーム 突出 圧迫

後ろに脱出した椎間板が神経を圧迫していますよね?

これが、ヘルニアと呼ばれる状態になります。

背骨の後ろに脱出した椎間板が、背骨の後ろを走る神経を圧迫することで腰痛や坐骨神経痛などの症状を引き起こすのです。

腰椎椎間板ヘルニアの初期症状は?どんな痛み?

初期症状

  • 腰痛
  • 片側の脚の痺れや痛み
  • 運動などで悪化し、安静にしていると軽快する

初期症状としては、このような特徴が挙げられます。

もちろん、ヘルニアの程度によっていきなり歩けないような激しい腰痛や下肢痛を生じたり、脚の痺れを常に感じることもあります。

しかし、そのような急性発症の前にも何らかのサインがあります。

繰り返し腰痛を引き起こしていたり、軽い痺れを感じていたりすることがほとんどです。その体からの小さなサインを見逃したり、何もしないでほかっておくことが重症化につながります。

痛みの感じ方

  • 腰に重だるい痛みを感じる
  • 裏ももからふくらはぎ、足先のどこかにピリピリとした痺れを感じる
  • 何かの動きをきっかけに腰から足先にかけてビリっと電気が走るような痛みを感じる

このような症状がヘルニアの特徴になります。

痛みを感じる場所

腰痛

後方に脱出した椎間板が神経を圧迫することでその圧迫部位周辺に炎症が起き、腰痛を感じます。

腰痛が出現する部位としては、下記の写真の通りです。

腰痛

脚の痺れ

椎間板が神経を圧迫することで、その神経の通り道のどこにでも痺れを生じる可能性があります。

今回図示したものは、椎間板ヘルニアがもっとも起こりやすい背骨の高さで神経が圧迫された場合に痺れを感じる部位です。
坐骨神経痛

自宅でできる簡単ヘルニアチェック法

自宅でできるヘルニアのチェック方法を紹介しますが、以下のことを守れる人だけ行ってください。

1つ目は、繰り返し行わないこと。

2つ目は、痛みが出たらすぐにやめること。

テスト自体は痛みや痺れを誘発するテストです。そのため、繰り返し行ったり、痛みがあるのに無理して強めに行ったりすると症状が悪くなる可能性があります。

それらを踏まえた上で、行うかどうかは自分で判断してください。

もし、一人で行うことが不安なのであれば専門院を受診して正しい診断を受けてください。

SLRテスト

1.仰向けになり、両足を伸ばします。

仰向け SLR1

2.痺れを感じている脚をひざを伸ばしたまま持ち上げます。

仰向け SLR2

3.この時に腰からもも裏、ふくらはぎにかけて痛みを感じればヘルニアを疑います。

SLR 神経痛

前屈テスト

1.立った姿勢で行います。

立位1

2.ひざを伸ばしたまま、体を前に倒していきます。

前屈

3.この時に腰からもも裏、ふくらはぎにかけて痛みを感じればヘルニアを疑います。

前屈 神経痛

Kempテスト

1.立った姿勢で行います。

立位2

2.痺れを感じている脚の方に、体を倒します。

Kemp1

3.その状態から後ろに体を反っていきます。

kemp2

4.この時に腰からもも裏、ふくらはぎにかけて痛みを感じればヘルニアを疑います。

kemp 神経痛

これらが自宅でできるヘルニアのセルフチェックになります。

1つでも当てはまる方はヘルニアの可能性がありますし、当てはまる数が多いほどヘルニアである可能性が高まります。

1つでも当てはまった方は、素早く専門院への受診をお勧めします。

腰椎椎間板ヘルニアの種類

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が後方に脱出することが原因でした。

椎間板の脱出には種類があります。

ヘルニアの種類1:突出

シュークリーム 突出

突出は、髄核が線維輪を完全に破っていない状態を言います。

シュークリームでいうのであれば、ぎゅっと握って押しつぶされたときに、中のクリームが移動はしますが、皮を破っていない状態です。

ヘルニアの種類2:脱出

シュークリーム 脱出

 

脱出は、髄核が線維輪を破っている状態を言います。

中の黄色のクリームが出てきていますよね?これが、椎間板で言う髄核になります。このように、クリームが皮を破り出てきた状態を脱出と言います。

これは一般的に10代などの若年層のヘルニアに多く見られます。

ヘルニアの種類3:遊離

シュークリーム 遊離

写真は、シュークリームの皮をちぎった状態になります。

シュークリーム本体から完全に離れた状態を遊離と言います。

遊離は2種類あります。

1つ目は、皮が遊離している状態。椎間板では線維輪が遊離している状態です。

2つ目は、クリームが遊離している状態。これは、髄核が遊離している状態です。

(※写真撮影後、シュークリームは美味しく頂きました。美味しかったのでリピートしたいと思います。)

なぜ腰椎椎間板ヘルニアに?ヘルニアを引き起こす4つの原因

それではここからはなぜ椎間板ヘルニアが起きてしまうのか?について解説していきます。

加齢に伴う椎間板の変性

もっとも一般的なヘルニアの原因です。

椎間板は前述した通り、髄核と線維輪と言われるものからできており、シュークリームのようなものと説明しました。

シュークリームもできたてのものであればふっくらしていますが、時間が経てば経つほど干からびてシナシナになりますよね?

椎間板も同じで、加齢とともに水分は減少しシナシナに干からびてきます。

すると椎間板自体が薄くなったり、弱ってきた線維輪から中の髄核が漏れ出てきたり、劣化した線維輪が剥がれてしまったりなどの変化が起きてしまいます。

それらが背骨の後方を走る神経を圧迫することでヘルニアの症状を引き起こすのです。

重いものを持つ、スポーツ動作などの力学的負荷

背骨に対して力学的負荷がかかり、その負荷に対して椎間板が耐えられない場合に起こります。

重いものを持ったりスポーツ中に起きたヘルニアは、椎間板の中心にある髄核が線維輪を破って外に飛び出してくる脱出の場合が多いです。

ヘルニアはどのようなスポーツでも起こる可能性はあります。

また、それぞれの筋力レベルや体の使い方、普段の姿勢などによって激しいスポーツをしていてもヘルニアにならない場合もありますし、ちょっとした重さの物を持ち上げただけでも腰に痛みを感じる、足にビリビリっと電気が走るなどヘルニアの特徴的な症状が出る場合もあります。

遺伝的要素

腰椎椎間板ヘルニアは遺伝的要素も関係していると言われています。

両親のどちらからがヘルニアを経験しているとその子どももヘルニアになりやすい傾向があるのです。

実際に、ヘルニアで受診された方に問診すると両親どちらかがヘルニアを経験しているという方はいますし、私(スタッフ:丹羽)もヘルニア経験者ですが母親が学生時代にスポーツでヘルニアになった経験がありました。

精神的、社会的要素

精神的要素とは、不安や抑うつ、自制心などです。

社会的要素とは、仕事上のストレス、失職・転職、結婚生活などが挙げられます。

こういった精神的なストレスとも深く関与していることも指摘されています。

ヘルニアなりかけ時からできる悪化させないための4つの対策

腰痛やヘルニアを悪化させないためには、腰への負担を減らすことが大切です。

腰への負担を減らす方法は全部で4つあります。

  1. コルセットを着用する
  2. 腰に負担のかかることをやめる
  3. 冷やすことで炎症を抑える
  4. 腰を支える筋力をつける

それぞれ順番に説明していきます。

コルセットを着用する

コルセット 画像

腰痛やヘルニアで受診された方に、当院では必ずコルセットを処方しています。

コルセットの着用を説明すると必ず聞かれることがあります。

それは、

「コルセットをすると筋力が落ちるって聞いたんですが・・・」

と言うことです。

結論から言うと、コルセットを着用すると筋力は落ちます。

しかし、コルセットの本当の役割は「腹圧を高めること」です。

腹圧を高めることで、腰の背骨を支える力が高まり腰にかかる負担を軽減することができるのです。

コルセットと腰痛についてもっと知りたい方は、下記の記事を参照ください。

腰にコルセットを巻くと筋力が落ちる・・よりも重要なこと

腰に負担のかかることをやめる

スポーツやランニング、ヨガやストレッチなど自己流でしていることがあればやめてください。

やめて痛みが楽になるのであればその運動が原因だった可能性が高いです。

ヨガやジムのスタジオレッスンなども同様です。

インストラクターはレッスンの進行をすることが仕事であって1人1人の体や動きを細かく見ることは仕事ではないからです。また医療の専門家ではないからです。(中には勉強されている方もいますが…)

日常生活で避けたいことは重いものを持つこと。

例えば、買い物袋、洗って水分を含んでいる洗濯物、赤ちゃんを抱っこする、パソコンや書類の入ったカバンやリュックなど。

これらを持たずには生活ができない方もいますが、できるだけ避けるよう気をつけてください。

そして、持つ時は必ず腰の高さ程度から持つこと。

間違っても床から持ちあげることはしないでください。

冷やすことで炎症を抑える

ヘルニアなりかけ時は腰で炎症が起きている状態になります。

この炎症期は冷やしてあげることが痛みの緩和に効果的です。

もし、慢性的な腰痛からヘルニアを疑っている方は、お風呂に入って腰が楽になるか、ズキズキと痛むかで判断してください。

お風呂に入ってズキズキする場合は、冷やすことが効果的です。

腰を支える筋力をつける

「なるほど、腰を支える筋力をつけるのか。よし!今日から毎日、腹筋背筋だ!」

と意気込んだ方、ちょっと待った!です!

3分で終わりますので、もう少しだけこの続きの記事に目を通してください。

腹筋や背筋運動は、腰の背骨を曲げたり反ったりする運動です。

この何気ない腹筋背筋の動き、実はヘルニアなりかけ時は特に注意が必要です。

そもそもヘルニアになる人は、お腹の力が抜けていますし、腹筋や背筋をしても痛みで力が入りにくくなっているので筋力は鍛えれず、椎間板の負荷だけを増やします。

そしたらどのようにして椎間板に負担をかけず腰を支える筋力をつけたらいいのか?

それは、呼吸です。

STEP1:腹式呼吸

腰を支える筋力をつけるためにまずはじめに行うことは「腹式呼吸」です。

腹式呼吸は吸うときにお腹が膨らみ、吐くときにお腹が凹む呼吸です。深呼吸しながら行ってください。

1.仰向けになりひざを立てます。

腹式呼吸1

 

2.息を吸います。このときにお腹が膨らむよう吸っていきます。

 

腹式呼吸 吸気

 

3.息を吐きます。このときにお腹がしぼんでいくよう吐いていきます。

腹式呼吸 呼気

このときによくある間違いとしては、吸ったときにお腹ではなく胸が膨らんでしまう「胸式呼吸」になってしまうことです。

 

胸式呼吸 エラー

胸とお腹に手を当てていただき、胸ではなくお腹が膨らむように意識して呼吸してください。

腹式呼吸 胸と腹

最初は難しくても、続けているうちに腹式呼吸ができるようになります。

STEP2:腹式呼吸+腹筋(腹圧を高める)

腹式呼吸ができるようになったら次のステップです。

まずは、おへそから5センチ横あたりに指を当ててお腹を軽く押します。

ブレーシング 事前

その指を押し返すようにお腹にグッと力を入れます。

この力を抜かないようキープしたまま、腹式呼吸を行います。

ブレーシング

この呼吸法をマスターすることで初めて腹圧を自分でかけることができ、腰を支える力がつきます。

この呼吸法が寝ていても、座っていても、立っていても、歩いていてもできるようになれば日常生活の動きで腹圧が抜けず腰が安定するため、徐々に腰痛や脚の痺れは軽減していきます。

まとめ

腰痛や脚の痺れでヘルニアを疑っているときは、

まずは「腰椎椎間板ヘルニアの初期症状は?どんな痛み?どこが痛む?」の章を読み、ご自身の痛みと比べてみてください。

次に可能であれば「自宅でできる簡単ヘルニアチェック」を試してください。このとき1つでも当てはまる場合は、できるだけ早く受診してください。

そして「ヘルニアなりかけ時からできる悪化させないための4つの対策」を実践してください。

3つの対策を3〜7日間実践していただき、それでも変化がなければできるだけ早い、受診をお勧めします。

岐阜市の整体院では、症状や状態の把握に努め、しっかりとお体をみさせて頂きます。その診察をもとに施術プランをご説明させて頂き施術していきます。

当院の腰椎椎間板ヘルニアの施術は、まずは痛みの改善を最優先に考えます。そして2度と同じ辛い痛みを経験しないために再発を予防するためのリハビリトレーニングまで指導しています。

 

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP