岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

鍼は何でも良くなる。

鍼は副作用がない。

鍼の不思議な力に頼りたい。

何か勘違いしていませんか?

もしこういった間違った情報を鵜吞みにしてしまったら、あなたは適当な治療家さんに騙されることになります。

西洋医学、東洋医学、スポーツトレーニング学を学んだ鍼灸師が教える、鍼治療のホントのところ。

今回は鍼治療でヘルニアが治らない理由を、正しい情報をもとにお伝えします。是非ご覧ください。

 

鍼治療の効果

 

そもそも鍼治療にはどんな効果があるのでしょうか。

西洋医学的な鍼治療の主な効果として、

①神経に働いて痛みを抑えること(※難しく言うと、ゲートコントロール、閾値の上昇など。)

②筋肉に働いて筋肉を柔らかくすること(※難しく言うと、筋緊張の緩和、筋膜の解放、血流改善など。)

があります。

 

東洋医学的な鍼治療の主な効果として、

①ツボの刺激による血流改善

②気の流れを改善

などです。

鍼灸

ヘルニアが鍼治療「だけ」では治らない理由

 

椎間板ヘルニアの方の特徴は、姿勢の崩れです。

軽度の椎間板ヘルニアの方から、重度の椎間板ヘルニアの方まで、間違いなく姿勢の崩れや体に力の入っていない部分が確認されます。

鍼治療の効果として、上記に挙げたものだとすると、痛みのコントロールや血流改善など、椎間板ヘルニアの改善に向かうことは可能ですが、本当に根本から治そうと思ったら、姿勢を改善するトレーニング抜きでは不可能です。

よく、「鍼治療で治った!」とういう記事を読みますが、【一時的に】治ったと言えても、再発しないとは限りませんし、本当の原因を絶ったかというと、鍼治療では姿勢まで変えられませんので、根本的に原因を無くしたとは言えません。

椎間板ヘルニアの治療順序で大切なのは、鍼治療で痛みを抑えた後、正しいトレーニングで正しい姿勢を作ることなのです。

 

当院が鍼治療だけで終わらない理由

 

当院ではほとんどの患者様に、辛い症状が改善したら、その症状を繰り返さないために体作りをしていきましょう!と提案しています。

なぜなら、治療だけ繰り返していても必ず体は衰えていくからです。

当院でも鍼治療はよく使い、椎間板ヘルニアの患者様にも7割以上は鍼治療を行います。

しかし、痛みを取って終わり!とは到底思えませんので、その先の治療ケア・運動指導も提案させて頂きます。

あまり摩訶不思議な治療法に惑わされずに、的確な治療を、正確な順番で受けられるよう、しっかりと見極めてくださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP