岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

最近テレビでも取り上げられる子どもの腰痛。

小学生の腰痛予防のために、ランドセルは軽量化が進んでいるようです。

その背景には「教科書のページ数が増えたことにより重たくなったから」ということがあるようですが、果たしてランドセルを軽くしたら腰痛が少なくなるのでしょうか?

子どものスポーツ傷害から一般の腰痛まで10年以上に渡り、5万施術以上子どもの体を見て来た整体師の目では、ランドセルの軽量化では腰痛の発症率は変わらないと推測しています。

なぜなら、

  • どこへ行っても変わらなかった腰痛、動きを変えたら治った!
  • 整形外科を3件以上、接骨院を4件以上変えて治らなかった痛みが治った!

という声を頂く学生さんたちは、皆腰痛を克服しているからです。

もちろんランドセルやかばんなど変えていません。

変えたのは本人の体のみ。

残念ながら、「痛いから軽いものを持たせよう」という考え方ではさらに弱い体を作り出すします。

これは本当に大切なことですので、ハッキリと伝えるようにしています。

賢いご家族の方は気付いていますよね?

お子さまの今後の人生を考えた体作りを、大切なお子さまに提供してあげましょう。

ランドセル

 

子どもの腰痛は「股関節」を動かせ!

 

単刀直入にお伝えします。

小学生、中学生、高校生で腰痛を訴える子どもの85パーセント以上は股関節の固さ、動きの悪さ、筋力の低下のいずれかが当てはまります。(ほんごう鍼灸接骨院調べ。以下、当院での施術統計をもとにお伝えします。)

これに当てはまらない場合は、例えば明らかな急性の外力(転倒、衝突など)が加わった場合や、避けられない怪我の場合です。

  • 日常の登下校で腰が痛い
  • スポーツ中に腰が痛くなった
  • 出掛けると夕方には腰が痛くなる

など、日常生活で腰痛を訴える子どもは、圧倒的に股関節の動きが良くありません。

股関節が固いと腰痛が発生しやすいのは子どもに限ったことではなく、大人でも同様の症状をきたすのですが、なぜ体が柔らかいはずの子どもの股関節が固くなってしまうのでしょう?

 

股関節の動かし方を知らない

子どもはてな

実は、幼少期に運動経験が少なかったり、間違った運動方法を身に付けてしまった子どもたちは、「股関節の動かし方が分からない」という現象に陥ってしまっています。

幼少期の運動と言えば、例えば、

  • ずり這いの期間が短かった
  • ハイハイが上手く出来なかった
  • 立ち上がるのが早かった
  • 歩行器を使っていた

など、運動機能の低下を引き起こしていると示唆されています。

子ども外遊び

また、

  • 外で遊ぶ機会が少ない
  • 跳んだり跳ねたり転がったりして遊ぶことが無かった

など、体を動かして遊ぶ環境が確保できていないこども、体の機能を使いきれていない要因です。

こういった子どもたちは、「股関節の使い方が分からない」わけですから、私たちが見本を見せても初めはできません。

もちろん、コーチや親御さんが当たり前に出来ると思っている動作も、動かし方が分からないお子さまにとっては訳が分からないのです。

例えるなら、「耳をぴくぴく動かして!」と言っているようなもの。できない人にとっては訳が分かりませんよね?(ちなみに私は動かせません!)

そんな時は、焦らず、そしてお子さまを焦らせず、順を追って指導していくことが大切です。

 

実体験!股関節を動かすとこう変わる

 

小学4年生の時に当院にトレーニングを受けるために来院されました。

相談内容は、

  • 二十跳びが連続で出来ない
  • ジャンプが大の苦手

バドミントンを行っていましたので、構えてもらうと、初めはこんな感じでした!

これは完全に股関節が使えていない・・。

この様な子どもたちは皆腰痛予備軍です。

ビフォーアフター尾藤1

before

その後、2回ほどの指導で「股関節の曲げ方」を徹底的に覚えて頂きました。

行ったことは、「構え方」と勝手に股関節を使うエクササイズです。

子どもさんの場合、「勝手に」身に付いていることが非常に重要なタスクになります。

ビフォーアフター尾藤2

after

たった2回の指導でこんなにきれいに構えられるようになりました。

見てご理解いただけると思いますが、プロ選手やハイレベルで競技をしている選手はどちらの構えをしていますか?

前者の構えをプロ選手で見たことがありませんよね?

股関節を使えると競技にとっても非常に良いことがあります。

それはトレーニングを受けてくれた本人の言葉を聞いてください。

今すぐにお子さまの体を変えてあげたいと思われる方は是非ご相談ください。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP