岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

腰痛や坐骨神経痛で悩んでいる方は非常に多いです。

一般の方にも馴染みのある症状の名前ですが、実はこの2つの症状が混同している場合もしばしばあります。

「腰痛と坐骨神経痛って何が違う?」

今回はそのような疑問に岐阜市の整体師がお答えします。

腰痛も坐骨神経痛も疾患名ではなく症状名だった!

腰痛、坐骨神経痛は疾患名ではなく症状名です。

と言われても、あまりよくわからない方が多いと思います。疾患名と症状名の違いについて、簡単に説明していきます。

腰痛や坐骨神経痛を感じて病院に行くと、診察を受けます。

痛みの経緯などを問診されたり、レントゲンなどの画像検査を受けたり、足を動かされたり、小さなハンマーみたいなもので軽くポンポンと叩かれたりします。

これら検査や評価をもとに、「椎間板ヘルニアですね」「脊柱管狭窄症ですね」などの診断を受けます。

この診断名が、疾患名となります。

そのため、あなたが感じている腰痛や坐骨神経痛は、

「椎間板ヘルニア(疾患名)によって腰痛・坐骨神経痛(症状名)が出現している」

ということができます。

腰痛と坐骨神経痛は何が違うのか?

腰痛って何?

腰痛とは、文字通り腰に生じる痛みのことです。

□腰の筋肉が硬い、または部分断裂が起きる(筋肉による腰痛)

□腰の背骨である腰椎の変形やズレが起きる(骨による腰痛)

□腰の背骨を通る神経が圧迫される(神経による腰痛)

□腰の背骨を支える靭帯に過剰にストレスがかかる(靭帯による腰痛)

□腎結石などの内臓器の疾患により腰周囲に痛みを生じる(その他疾患による腰痛)

このように、原因となる部位や組織は違いますが、腰周囲の炎症により腰に痛みを感じる症状すべてを腰痛と言います。

坐骨神経痛って何?

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びる坐骨神経が、なんらかの理由で圧迫や損傷されると神経は緊張状態となります。

緊張状態となった坐骨神経が伸ばされたり、圧迫が続いたりすることで神経の走行に沿ってしびれや痛みを感じるようになります。

坐骨神経は腰からお尻、太もも裏、ふくらはぎの外側、つま先にかけて走行しているため、それらにしびれや痛みを感じることが特徴です。

腰痛と坐骨神経痛の違い

腰痛と坐骨神経痛の違いを一言で言うならば、坐骨神経への物理的な障害があるかないかです。

そのため、同じ脊柱管狭窄症でも腰痛を感じる人もいれば、坐骨神経痛を感じる人もいますし、またどちらの症状も感じる人もいます。

腰痛や坐骨神経痛を引き起こす原因

腰痛や坐骨神経痛は症状名です。そのため、腰痛や坐骨神経痛を引き起こす原因があります。

腰痛や坐骨神経痛の原因となる疾患

  • 椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などの脊椎疾患
  • 絞扼性神経障害(梨状筋症候群)などの神経疾患
  • 腫瘍や血管異常による脊髄疾患
  • 仙腸関節炎や股関節疾患などの骨盤部疾患

このように一口に腰痛・坐骨神経痛と言っても、その症状を起こす原因となる疾患は多種多様です。

原因不明の腰痛・坐骨神経痛もある

病院にいくと特に異常が見つからない、原因不明の腰痛や坐骨神経痛と診断されることが多々あります。

この場合は、腰の筋肉の硬さや、股関節の可動域の低下など、体の運動機能が低下していることにより腰痛や坐骨神経痛の症状を引き起こしている場合が多いです。

もっと詳しく知りたい方は、前回のブログの

原因不明の腰痛が病院では治らない理由

をご覧ください。

【自己診断】腰痛か坐骨神経痛かをセルフチェック!

痛みの部位・特徴

腰痛と坐骨神経痛を見極める時、もっとも重要なのが痛みの部位とその特徴です。

  • 腰痛の痛みの部位(下記の写真をご覧ください)

腰の背骨の横側(写真の赤い×印)に痛みを感じたり、赤の丸で囲まれたあたりに痛みを感じる。

腰痛

  • 腰痛の特徴

□朝起きると腰が痛い

□しゃがんだ姿勢から立ち上がる時に腰が痛くて伸びにくい

□立っている時間が長くなると腰が重だるくなってくる

  • 坐骨神経痛の痛みの部位(下記の写真をご覧ください)

下記の黄色の線が坐骨神経になり、その線に沿って痛みや痺れを感じる。

坐骨神経痛

  • 坐骨神経痛の特徴

□前かがみになっていると腰からお尻にかけて痛い

□長く腰掛けているとお尻と太ももの裏がジンジンしてくる

□ふくらはぎや足先まで痺れることがある

SLRテスト

  1. 仰向けになって寝ます
  2. 片方の足をひざを伸ばしたままタオルなどを使って持ち上げていきます(この時足の力で上げないよう気をつけます)
  3. 太もも裏からふくらはぎにかけてビリっと電気が走るような痛みがあれば坐骨神経痛を疑います

SLRテストの別法

  1. 椅子に座って行います
  2. 片方の足をひざを伸ばしたまま前に出します(この時すでに痛み・痺れを感じる場合もあります)
  3. 前にかがんでいきます
  4. 太もも裏からふくらはぎにかけてビリっと電気が走るような痛みがあれば坐骨神経痛を疑います

前屈テスト

  1. 立ち姿勢で行います
  2. 両足を揃えて立ちます
  3. ひざを伸ばした状態で前にかがみます
  4. 太もも裏からふくらはぎにかけてビリっと電気が走るような痛みがあれば坐骨神経痛を疑います

後屈テスト

  1. 椅子に座って行います
  2. 座った状態で腰の背骨に両手の親指を当てます
  3. 親指で腰の背骨を抑えたまま後ろに体を反らしていきます(安全のためにゆっくり行ってください)
  4. 腰の背骨は5個ありますので、下から順番に一つずつ行います
  5. 太もも裏からふくらはぎにかけてビリっと電気が走るような痛みがあれば坐骨神経痛を疑います

足の筋力テスト

神経学的な診察を行うことで、坐骨神経痛の有無を確認できます。その一つに筋力テストがあります。

  • 踵(かかと)歩行

方法:つま先をあげた状態で踵で歩く(5〜10m程度)

結果:つま先が上がらない、または歩いている間につま先が下がる場合は坐骨神経痛を疑う。

  • つま先歩行

方法:つま先立ちで歩く(5〜10m程度)

結果:つま先立ちができない、または歩いている間に踵が床に近く場合は坐骨神経痛を疑う。

坐骨神経痛は片側の足に症状が出ることが多いため、片足どちらかに力が入りにくい場合が多いです。

まとめ

腰痛と坐骨神経痛はどちらも症状の名前であり、同じ疾患でもどちらの症状も発症する場合があります。

腰痛や坐骨神経痛の症状でお悩みの方は非常に多く、その症状名だけが一人歩きしていることもしばしばです。

まずはその症状の原因となる疾患や、体の機能障害を細かく診察していくことが症状改善の第一歩です。

岐阜市の整体院では、腰痛や坐骨神経痛の発症する原因疾患の追求だけでなく、原因不明の腰痛や坐骨神経痛に見られる機能障害を見つけ出し、症状改善のための治療プランを提案しています。

 

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP