岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

当院では腰痛改善に向けて様々な施術と運動を取り入れています。

患者様に指示して頂ける理由は、一人ひとりのお体に合わせて適切な運動を、適切なタイミングで提案させていただくからです。

患者様からよく、

「腹筋が弱いから腰が痛くなるんだよね?」

「腹筋と背筋のバランスが悪いから腰が痛いんだよね?」

と質問されます。

そのたびに私の心の中では、「一般の方にはまだその考えがあるのか・・」と思ってしまいます。

実は、最先端の治療業界の中では、腹筋と背筋のバランスで腰痛を治すということはとても古い考えなのです。

その理由は・・・?

 

腹筋・背筋よりも先に鍛える筋肉

 

腰痛予防に体を支える筋肉を鍛えておくことは非常に重要なことです。

では、実際にはどこの筋肉を鍛えれば良いのでしょう?

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

こんな言葉を聞いたことはないでしょうか?

「腹筋をすると腰を痛める。」

そう、腹筋の方法を間違えると腰を痛め、腹筋を鍛えすぎると腰痛になってしまう方がいるのです。

では背筋?

いえいえ、背筋をしても腰を痛める方はいます。

安全な腰痛予防の筋肉の鍛え方。

それは、お腹の横の筋肉=腹斜筋から鍛えていくことです。

これは腰痛が発生する原因を考えれば理解して頂けます。

 

腰痛の方が腹筋をやってはいけない理由

腹筋運動

腰痛の方の大半が、前後方向のバランスの崩れを持っています。

前後方向とは例えば、

  • 反り腰
  • 猫背
  • 分離すべり症
  • ヘルニア など

これらは全て前後方向のバランスの崩れによる腰痛です。

このような姿勢や症状の方が、前後方向の運動である腹筋や背筋をすると、さらに腰を痛めてしまいます。

「腹筋をやったら腰が痛くなった」「背筋をしたら次の日起き上がれなかった」

という方は、腹筋や背筋の運動は今すぐに見直す必要があります。

 

 

腹筋に変わる体幹トレーニング

FP

腹筋群の中でも先に鍛えると良いのが腹斜筋です。

しかしこの腹斜筋、どのように鍛えればよいのでしょう。

皆さんは体幹トレーニングという言葉は聞いたことがあるでしょうか?

当院でも体幹トレーニングは積極的に取り入れています。

中でも腰痛の方にはサイドプランクというトレーニングを一番初めにオススメしています。(上の写真はフロントプランクです)

サイドプランクとは、体幹トレーニングの中でも横っ腹を鍛えるトレーニングです。

腰痛が不安な方も、腰痛改善に、腰痛予防にも最適なトレーニングの一つです。

サイドプランクの詳しい方法は、当院のライン@のホーム画面に、院長が動画でやり方を説明しています。

是非ご覧ください。

 

LINEにご登録の方はコチラ

下記のバナーからお友達追加ができます。LINEで体に関するご質問をしていただけます。

※LINEでのご予約はできません。

自宅で出来る即効ストレッチも公開中!今すぐ登録!

 

まとめ

 

腰痛の方が腹筋を鍛えることは悪い事ではありません。

もちろん、背筋を鍛えることも必要です。

しかし、腹筋動作によって鍛えることは、腰痛を引き起こすことになりかねません。

腹筋のトレーニングはその用途によってさまざまです。

また、その方の体質によっても適切な方法を選択する必要があります。

もしあなたが自己流で腹筋を続けていて、それでも腰痛が改善していなければ、一度見直す機会を作ってみてくださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP