岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

体が歪んでいる?

背骨が曲がっている?

骨盤が歪んでいる?

よく患者様から聞かれる言葉です。

そもそも「歪んでいる」とは?本当に歪んでいるのでしょうか?その基準は?

実は整骨院や整体院では、その定義はとても曖昧にされています。

しかし、医学的に「歪んでいる」と確定されるものがあります。

それは【突発性脊柱側弯症】です。

突発性脊柱側弯症とは、成長期に出現する、脊柱(背骨)の彎曲(わんきょく)現象です。

原因は不明で、成長期に進行し、成長が止まると症状の進行も止まります。

意外にも、肩こり・腰痛を訴えて当院に来られる患者様の中には、突発性脊柱側弯症になっている方は多いのです。そして、その方たちは自分が側弯症だという事を知らずに生活しています。

今回は、皆さんが知らずに患っている(かもしれない?)脊柱側弯症についてご紹介いたします。

腰痛素材

突発性脊柱側弯症とは?

 

成長期に背骨が捻りながら曲がっていく、整形外科疾患のひとつです。

原因は分かっておらず、経過を見ながらコルセットなどで進行を防ぐことが第一選択となります。

症状が進行すると、内臓を圧迫してしまう危険性が有りますので、重症の場合は手術の適応となります。

成長期が終わると進行も止まりますので、大人になってから発症するということはありません。

 

突発性脊柱側弯症の症状

 

主な症状は、背骨の歪みよって全身のバランスが崩れることによる、腰痛、肩こり、背中の痛みなどです。

その他、片足だけに起こる外反母趾やタコ、ウオノメなども特徴的です。

症状が進行すると、肺などの呼吸器圧迫し、放っておけない症状となります。

 

突発性脊柱側弯症の診断

 

確定診断は整形外科でレントゲンを撮り、骨の曲がる角度を計測します。

しかし、既に側弯が出ている方は、接骨院でも簡単に検査をする方法があります。

一つは前屈検査と言って、立ったまま前屈をしてもらい、後ろから背中の高さを見る方法です。

当院では、ほとんどの患者様で前屈の動作を確認させて頂きますので、滅多に見落とすことはありません。

ここ数年で、10人以上はご自身が脊柱側弯症と気付かずに当院に来院されています。

 

突発性脊柱側弯症の治療

 

整形外科では定期的な経過観察が行われます。

当院では整形外科と連携を取りながら、背骨を支える筋肉や体幹部の筋肉を鍛え、姿勢の変化を抑えます。

脊柱側弯症の方は、間違いなく体のバランスに左右差が生まれますので、左右の筋肉の付き方も大きく変わってきます。

そのバランスも考慮しながら、均等に筋力を付けていきます。

同時に、筋肉の硬さも偏りが大きくますので、全身のバランスを取りながら行う専門的なストレッチやマッサージも必要になります。

スポーツ整体

まとめ

 

以上、意外と見落とされがちな突発性脊柱側弯症でした。

単なる肩こり・腰痛だと思っていたら、子どもの時の側弯症が影響していた、ということは少なくありません。

また、最近ではやっと小学校の検診項目に脊柱側弯症検査が入る学校が増えていますが、数年前までは発見されることなく現在大人になっています。

脊柱側弯症であった場合は、マッサージやストレッチだけでは症状改善まで見込めませんので、気になる方は必ずご相談くださいね。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP