岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

坐骨神経痛になって足のしびれやお尻の重だるさを感じていませんか?

坐骨神経痛で病院や接骨院に通院してみたが、なかなかよくならず、治療を断念してしまった方も少なくないと思います。

そして「私のこの坐骨神経痛は治らないのでは、、、」と不安を抱えているのではないでしょうか?

今回は、坐骨神経が治らない理由について岐阜市の整体師が解説します。

坐骨神経とは?

はじめに坐骨神経とはどのようなものかについて説明します。

人間の体には、神経があります。この神経は脳と体をつなげる働きを持ちます。触ったものの温度や形などを伝える神経や、脳からの司令を筋肉に伝えて運動を行う神経などがあります。

神経と言ってもそれぞれに大きさや形、役割などが異なります。

坐骨神経は、腰から出てお尻を通り、太ももの裏側、ふくらはぎの外側、そして足にかけて枝分かれしながら伸びている非常に長い神経です。

人間の体の中で最大の神経になり、小指くらいの太さがあります。

坐骨神経の役割は、太ももの裏側の筋肉であるハムストリングスを動かしたり、枝分かれした後、ふくらはぎの外側の筋肉や足裏の感覚などを司ります。

坐骨神経痛の症状

次に坐骨神経痛の症状をみていきます。

坐骨神経痛は、坐骨神経が通り道のどこかで障害されることで神経症状が現れます。よくある症状から、重症化するとどのような症状につながるのか以下に説明します。

しびれや痛み、足がつる

お尻・もも・ふくらはぎ・足先などに痛みやしびれなどの神経症状が現れます。

□お尻の重だるい痛み

□太もも裏側がズキズキと痛む

□腰から足先にかけて電気が走る

□ふくらはぎの外側がしびれる

□夜、寝ているときに足をつる

□左右の脚を触ると感覚の違いがある

□片側のお尻だけ冷たい感じがする

もしこの中に当てはまるものがひとつでもあるのなら、坐骨神経痛の場合が非常に高いです。

筋力低下

坐骨神経痛になると、脚の筋力に左右差が出ることがあります。

坐骨神経は、太もも裏側のハムストリングスという筋肉を動かし、また足の指の力にも関与しますので、その筋肉の筋力テストを行うことで坐骨神経痛側に筋力低下がみられることがあります。

坐骨神経痛の症状が長く続いている人は脚の太さが左右で違うこともあります。

歩けない

坐骨神経痛になると長時間歩いていたり、立っている時間が続くと、お尻周りに重だるさを感じてくることがあります。

また坐骨神経痛が重症化すると、歩けなくなることがあります。

□地面に足をつくたびにビリッと電気が走るような痛みを感じる

□歩いていると太もも裏側やふくらはぎにジワーっとした痛みを感じ座りたくなる

この2つの症状を感じている場合は、重症化している可能性が非常に高いです。直ちに専門の整形外科への受診をお勧めします。

(当院では重症化している場合、専門の整形外科へ紹介状を書いています。)

座れない、寝られない

座る 腰痛

椅子に腰かけていると太もも裏側が痛くなってくることがあります。

また重症例では、寝ているだけでもお尻から太もも裏側にかけてしびれがあり、なかなか寝付けなくて悩んでいる方もいます。

このように同じ姿勢を取り続けることで坐骨神経痛を感じる場合もあります。

坐骨神経痛がなかなか治らない理由

坐骨神経痛に一度なると、なかなか治りません。

この記事を読んでもらっているあなたもなかなか治らない坐骨神経痛に悩んでいたり、仕事や家事に支障が出るのではと不安を感じているのではないでしょうか?

病院で処方してもらった湿布やコルセットを使ってみたり、整体に通ってマッサージをしてもらい、痛みやしびれをごまかしながら生活していることと思います。

このように坐骨神経痛がなかなか治らないことには理由があります。

それは、坐骨神経痛の原因に対しての治療をしていないからです。

坐骨神経痛は、病気の名前ではなく症状の名前です。前述したように坐骨神経とは腰から足にかけて伸びている神経であり、その神経のどこで圧迫されているかによって原因が異なります。

坐骨神経痛を引き起こす原因の病気は様々です。

例えば、坐骨神経痛の原因がお尻にある場合、いくら腰にコルセットを巻いても意味がありません。

そのため坐骨神経痛の治療でもっとも大切なことは、何が原因で坐骨神経痛が出ているかを知り、それに対しての治療を選択することです。

坐骨神経痛の原因

ここからは、坐骨神経痛の症状が何が原因で引き起こされるのかについて解説していきます。

腰椎椎間板ヘルニア性の坐骨神経痛

f5f74179f02fc19d6d7901401fc5b3c3_s

腰椎椎間板ヘルニアはあなたも一度は耳にしたことがあると思います。

この腰椎椎間板ヘルニアになると、背骨と背骨の間の椎間板(ついかんばん)が圧迫され、後ろに飛び出します。背骨の後ろには神経が通っているため、飛び出した椎間板がその神経を圧迫することで痛みやしびれなどの神経症状が出ます。

ヘルニアでは、背骨の高さにより圧迫される神経が変わります。坐骨神経痛の場合は、「腰の骨の4番目、5番目が狭くなっています。」と整形外科で説明を受けることが多いです。

これがヘルニアが原因となり、坐骨神経痛を引き起こすメカニズムです。

脊柱管狭窄症性の坐骨神経痛

ヘルニアとともに多くの方が悩まされる疾患に脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)があります。

脊柱管狭窄症にも様々な分類がありますが、主に背骨の後ろの神経の通り道(脊柱管)が何らかの形で狭くなり、神経に行く栄養が行き届かなくなってしまった状態です。

特有の症状として間欠性跛行があります。

これは、動いている間(歩いている時に多い)に徐々に神経に栄養が行かなくなり、太ももの裏、ふくらはぎにジワ~っとした痛みを感じ、休憩なしでは歩けなくなる状態です。

この脊柱管狭窄症でも坐骨神経が圧迫されることがあり、坐骨神経痛を引き起こす原因となります。

梨状筋症候群(梨状筋性・坐骨神経痛)

坐骨神経痛で病院にかかるとレントゲンを撮ります。

しかし、

レントゲンを撮っても異常がない

ヘルニアや脊柱管狭窄症の疑いがあると言われて治療をしているが全然治らない

それでもお尻や太ももの裏のしびれがある方は、この梨状筋症候群の可能性が非常に高いです。

人のお尻には股関節を支えるために筋肉が何重にも重なってついており、その数あるお尻の筋肉のひとつに「梨状筋(りじょうきん)」という筋肉があります。

この梨状筋という筋肉は坐骨神経ととても密接な関係にあります。

それは、坐骨神経が梨状筋を突き抜けて足の方に伸びていくからです。

日常生活や何らかの理由により梨状筋が硬くなると、坐骨神経を挟み込んで圧迫します。

これが梨状筋性の坐骨神経痛=梨状筋症候群です。

変形性脊椎症による坐骨神経痛

膝や股関節の骨が変形するように、背骨も年齢とともに変形していきます。変形の一例としては、背中が丸くなる円背(えんぱい)があります。

これらの背骨の変形のことを変形性脊椎症と言います。

背骨が変形すると、背骨の後ろにある神経の通り道が狭くなったり、神経を直接圧迫してしまったりして、脊柱管狭窄症と同様の症状が出ることがあります。

これが、変形性脊椎症による坐骨神経痛となります。

過去にぎっくり腰の経験がある方や普段から腰に負担のかかる作業を長期間している方、圧迫骨折の既往のある方などが骨の変形を起こしやすい傾向にあります。

腰椎すべり症による坐骨神経痛

腰椎すべり症とは、上下に積み重なっている背骨が前後方向にずれることを言います。

背骨が前後方向にずれることで、神経の通る脊柱管にもずれが生じます。このずれた部位で坐骨神経が圧迫されることで神経症状が出ます。

これは、前述した脊柱管狭窄症と同様の症状が出ることが多い疾患です。

また学生や若年層では、「腰椎分離症」(腰の疲労骨折)を伴うことも多くなり、注意が必要です。

ぎっくり腰からくる坐骨神経痛

youtuu

ぎっくり腰とは、急な動きや重たいものを持ち上げた瞬間のズキッとした痛みが特徴であり、これは腰の筋肉に急激に負担が集中することが原因です。

専門的に言うと、腰の筋肉に部分断裂が起きた状態のことです。

この筋肉の断裂が起きると炎症が起きます。炎症が起きると痛みはもちろんのこと熱を持ったり、腫れたりします。

炎症の程度が強いとき腫れが原因で坐骨神経を圧迫することがあります。

ぎっくり腰でも坐骨神経痛を引き起こす可能性があります。

坐骨神経痛の原因を知る方法

「もしかして私、坐骨神経痛かも」と思った時あなたはどのような行動を取りましたか?

気休めに湿布を貼ったり、コルセットだけ巻いて痛みやしびれが和らいでいくのをひたすら待っていたりしていませんか?

残念ながら、いくら待っていても坐骨神経痛は治りません。

万が一、症状が落ち着いたとしても、必ず同じようなしびれを感じるようになったり、もしくは以前よりも痛みがひどくなって再発する可能性は非常に高いです。

大切なことなので、繰り返しお伝えしますが、坐骨神経痛の治療でもっとも大切なことは、坐骨神経痛の原因に対しての治療を行うことです。

もしあなたが坐骨神経痛に苦しみ本気で治したいのであれば、以下の診断や検査を受けてください。

神経テスト、筋力テストを受ける

金山先治療1

坐骨神経痛の疑いがある場合、神経テストや筋力テストなどの評価や検査を細かく行う必要があります。

坐骨神経痛の原因疾患に対してそれぞれに信頼性の高い検査を行い、坐骨神経痛の原因追求を徹底して行います。以下にあげているテストは当院で行うテストのほんの一例です。

  • ケンプテスト
  • 叩打放散痛テスト
  • SLRテスト
  • FNSテスト
  • 屈曲内転内旋テスト
  • 股関節伸筋筋力テスト など

よくある話ですが、接骨院や整形外科で症状を伝えると、「坐骨神経痛かもしれませんね」と症状だけで坐骨神経痛と判断されることがありますが、それでは全く不十分です。

症状の原因や、それらを裏付ける各種テストを組み合わせることが重要です。

レントゲン、MRIなどの画像診断を受ける

CT

この場合は、整形外科を受診してください。できれば神経症状専門の整形外科への受診をお勧めします。

レントゲンで骨の形状や整列などを確認したり、重症化している場合はMRIでより精密に原因を追求する必要があります。

しかし、ここでひとつだけ注意点があります。

それはレントゲン画像だけでは原因の追求には不足があるということ。

レントゲン上では異常がみられないために、原因不明の坐骨神経痛と曖昧に診断され、とりあえず湿布と痛み止めの薬を処方されることは少なくありません。

レントゲンをとってもらっただけで特に体に触れられずに診察が終わってしまった。

そのような経験のある方は、もしかしたら見落としがある可能性が高いです。

レントゲンなどの画像診断だけでなく、前述した神経テストや筋力テストなどの検査と合わせることで信頼性の高い診断となります。

坐骨神経痛は原因を明確にすることで、はじめて治療計画を立てることができます。

反対に言えば、原因を明確にせずいくら治療をしても症状改善は期待できません。 

まとめ

坐骨神経痛の治療は、まずしっかりと原因を追求することが治療の第一歩です。

その原因に対して治療することで、はじめて根本改善の道が開かれるのです。なかなか治らない坐骨神経痛に苦しんでいる方や繰り返ししびれや痛みを感じている方は、最初の第一歩を踏み出しましょう。

岐阜市の整体院では、初診時に丁寧なカウンセリングと徹底的に細かく評価や検査を行うことで坐骨神経痛の原因を見つけ出します。また評価や検査を行い、必要があれば専門病院への紹介も行っております。

専門の整形外科の医師と連携を取ることで原因の追求を徹底しています。

正確な診断のもと、施術やその後のケアを安全かつ効率よく行っていきます。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP