岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

「坐骨神経痛とぽっこりお腹をなんとかしたい!」

この2つの悩みを同時に抱えている人。健康と美容に気を使われている方ほど、真剣に悩んでいる人が多く、またなかなか解決せず困っていると思います。

一見関係性がなさそうに思える「坐骨神経痛」と「ぽっこりお腹」。

実はこの2つの関係性にはちゃんとした理由があるのです。

それは「姿勢」です。

今回は姿勢改善による骨神経痛とぽっこりお腹を同時解決する方法について岐阜市の整体師が解説します。

坐骨神経痛とぽっこりお腹に悩む人の悪い姿勢3選

はじめに坐骨神経痛とぽっこりお腹がなぜ関係するのか?について、どちらにもよくみられる姿勢の共通点を詳しく解説していきます。

反り腰

坐骨神経痛とぽっこりお腹のどちらにも悩んでいる人であれば、ほぼ間違いなく「反り腰」が姿勢の特徴として挙げられます。

反り腰とは、言葉の通り腰が反った状態のことを言います。

少し専門的な言い方をすると、腰の背骨の腰椎が前弯している状態です。

反り腰になると、反った腰に引っ張られるように骨盤が前に倒れて前傾位となります。

(写真では、赤い点3つを頂点に持った三角形が骨盤になり前に倒れているのがわかります。)

IMG_0648

反り腰は立ち姿勢でより顕著になりますが、反りが強い方や長年の姿勢の癖により型がついてしまい、腰の筋肉がカチカチに硬くなっていることが多々あります。

そこまで筋肉が硬くなってしまうと、座っていても寝ていても腰が反ってしまい、腰の筋肉への血流が制限されます。

血流が制限されることで栄養が行き届かず、ひどくなると筋肉に痛みを発します。(筋性腰痛)

また反り腰は、背骨の後ろ側にかかる圧縮力が通常よりも大きくなり、坐骨神経痛の症状を呈する、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの疾患を引き起こす原因となります。

さらに反り腰になると、腰の筋肉の硬さにより腰を丸くしづらくなります。

腰を丸くする動きは腹筋が働くことで起こりますが、反り腰の人が腹筋を行うと腰の筋肉が思うように伸びず腰が丸くなりにくく、お腹に効くよりも腰が痛くなり続けられなくなります。

結果的に腹筋の活動が低下し、ぽっこりお腹になってしまいます。

猫背

反り腰とともによくみられる坐骨神経痛とぽっこりお腹の共通点として「猫背」があります。

猫背は腰より上の背骨が丸くなった状態であり、坐骨神経痛や腰痛だけでなく、肩こりや首こりの原因にもなります。

猫背の場合、頭の重さを支えるために首や腰へ常に負荷がかかった状態となります。

猫背の姿勢を横から観察すると、体の真ん中の軸よりも頭が前にあることがわかります。そのため首や背中の筋肉が頭の重さを支えるために常に力が入った状態となります。

IMG_0649

腰の筋肉は背中の筋肉と筋膜で繋がっており、腰の筋肉も引っ張られます。

また猫背になり骨盤が後傾位になるとお尻の筋肉の働きが悪くなります。

お尻の筋肉は働きが悪くなることで筋肉が硬くなってしまい、その硬くなった筋肉によって坐骨神経が圧迫されることで坐骨神経痛を引き起こす原因となります。

また、この姿勢をとることでお腹の筋肉は緩み、内臓が下垂したり、お腹の皮膚や脂肪がした方向にたまりやすくなります。

これが猫背によるぽっこりお腹の原因です。

反り腰+猫背

IMG_0647

反り腰と猫背、どちらの特徴もみられることがあります。

人間の体には姿勢を支える働きを持つ筋肉があります。その働きを持つ筋肉群を抗重力筋と言います。

しかし、反り腰と猫背の合わさった姿勢では、この抗重力筋の活動が著しく制限され、その分関節と靭帯への負荷を高めてしまい、坐骨神経痛とぽっこりお腹をより引き起こしやすくなります。

坐骨神経痛と太りすぎ、痩せすぎは関係あるのか?

肥満の人は椎間板が薄くなる

人の背骨と背骨の間には「椎間板」と呼ばれる組織があり、これは背骨にかかる衝撃を緩和するクッションのような働きを持ちます。

この椎間板が変性することで、背骨の後ろを通る神経が圧迫され神経症状を呈する疾患を「椎間板ヘルニア」と言います。

椎間板ヘルニアは坐骨神経痛を引き起こす原因疾患のひとつです。

肥満の人は、この椎間板にかかる圧力が通常よりも大きくなることで、椎間板が押しつぶされて薄くなることが研究で証明されています。

その研究によると、肥満の人は肥満でない人に比べて平均の椎間板の厚さが0.1㎝薄く、全体の椎間板の厚さは0.4㎝薄くなると報告されています。

しかし、椎間板の厚さと坐骨神経痛の発症率との関係性を裏付ける証拠までは証明されませんでした。

痩せすぎていても坐骨神経痛になる

一般的に痩せて見える人の方が健康に思われがちですが、一概にそうとは言えません。

最近では過剰な美意識や間違ったダイエット法の伝染により、痩せすぎている女性が多いです。

身長と体重の関係性をみるBMIの適正体重である22を下回っているのに、「もっと痩せなくてはいけない」「痩せたら綺麗になる」と信じて、無理なダイエットをしているケースが後を絶ちません。

「せっかく痩せたのに下っ腹だけが気になる」

「ぽっこりお腹がなかなか引っ込まない」

このように思い通りのボディラインにならず悩んでいる人も多いのではないかと思います。またそれだけでなく、そのような方たちの中には坐骨神経痛や腰痛を日頃から感じている人も少なくありません。

なぜこのようなことになってしまうのか?

それは痩せている人は筋肉量が少ないことが多いからです。そしてそれに加えて運動不足であれば、さらに抗重力筋の筋力が低下していきます。

この抗重力筋の筋力が低下すると、坐骨神経痛とぽっこりお腹の原因となる反り腰と猫背の姿勢になりやすくなります。

坐骨神経痛は体重よりも体型に気をつけろ!

太っている人の方が痩せている人よりも坐骨神経痛になりやすいわけではありません。

むしろ痩せすぎていて筋肉量が少なく、運動不足の人の方が坐骨神経痛を引き起こす可能性は高いです。

当院でも坐骨神経痛で受診をされる方の傾向として、痩せすぎ、運動不足、姿勢が悪いの3つの特徴に当てはまる方は多いです。

坐骨神経痛の場合は、体重に気をつけるよりも体型に気をつけてください。

坐骨神経痛とぽっこりお腹を同時解決する姿勢の作り方

最後に、坐骨神経痛とぽっこりお腹を同時に解決する姿勢の作り方を解説していきます。

  1. かかと・お尻・肩甲骨・後頭部を壁につけて立つ
  2. かかと重心を意識する
  3. お尻の割れ目に割り箸が挟んであると思って、キュッと締める
  4. 下っ腹を少し強めに叩き、お腹に力を入れる
  5. 肩甲骨の間をつままれたように、ほんの少しだけ寄せる

IMG_0651

この姿勢を作った時に、腰の後ろ(写真上の黄色丸のあたり)に手のひら1枚分のスペースが空いていることが理想的な姿勢のラインになります。

IMG_0650

このように、まずはじめは壁の前で姿勢を作る練習をしてみてください。

そして、慣れてきたら壁がなくてもできるように普段から気をつけてみてください。正しい姿勢の作り方を覚えれば誰でもいい姿勢で立てるようになります。

まとめ

坐骨神経痛とぽっこりお腹の原因は姿勢にあります。

しかし、いい姿勢で立てるようになった途端に坐骨神経痛やぽっこりお腹がすべて解消されるわけではありません。

いい姿勢で立つように意識付けをする習慣を身につけて初めて本当に変化を感じていただけます。

何事も「継続は力なり」です。

まずは自分の姿勢を見つめ直し、今日から坐骨神経痛とぽっこりお腹を同時解決する姿勢の作り方を実践していきましょう。

岐阜市の整体院では、生活背景や習慣など様々な視点から坐骨神経痛の原因と関係性について評価していくために丁寧なカウンセリングを行います。

体の違いだけではなく、生活面も含めてあなただけのオーダーメイドの治療プランを提供しています。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP