岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

先日、笠松町にある某総合病院にお世話になりました。

なぜか病院は緊張しますね。

私たちで緊張するのですから、一般の方はもっと緊張するのだと思います。

当院では話しやすい雰囲気作りをスタッフ一同心掛けています。

さて、坐骨神経痛という言葉は聞いたことがあるでしょうか?

整形外科ではヘルニアとともに診断されることが多いのですが、テレビや雑誌では多く説明されていますね。

坐骨神経痛でのご相談も多いのですが、実は坐骨神経痛って疾患名ではないのです。

それってどういうこと・・?

坐骨神経痛治療に欠かせない「梨状筋(りじょうきん)」とは?

腰痛

原因が違っても「坐骨神経痛」

 

数ある神経痛の中でも、殊に坐骨神経痛は一般の方にもよく知られています。

そもそも坐骨神経痛というのは、「坐骨神経」という通り道に痺れや痛みを感じれば、全て「坐骨神経痛」となります。

ですので、他の神経痛も全て名前が付いています。

例えば、肋間(ろっかん)神経痛三叉(さんさ)神経痛なども耳にしたことがあるのではないでしょうか。

では、坐骨神経痛を起こす原因は?実は数多くあります。

坐骨神経の走行上で、神経を圧迫したり、神経の通り道を塞いでしまったり・・。

原因は違っても全て「坐骨神経痛」になります。

とは言っても、原因を突き止めなければなりません。

 

坐骨神経痛が分かる!原因一覧

 

坐骨神経痛の原因疾患の例は以下の通りです。

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 変形性腰椎症
  • 骨腫瘍
  • 梨状筋症候群

などです。

この中で、治療院などで最も見落とされやすいのが坐骨神経痛の世界で言わずと知れた「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」です。

なぜ見落とされやすいかというと、

  • レントゲンやMRIでは写らない
  • 体の中でもかなり深い位置にある筋肉
  • 通常のマッサージでは届かない
  • シップや痛み止めでは深部まで効かない

などの条件が重なります。

坐骨神経痛治療で絶対に見逃してはいけない梨状筋とは。

腰痛

梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)

 

お尻の奥の奥の筋肉、それが梨状筋(りじょうきん)です。

梨状筋は、股関節を後ろから支える筋肉で、足に体重を掛けた時や、足の付け根から体を捻る動作で働きます。

そして、坐骨神経は腰からお尻の後ろを通り、この梨状筋の下をくぐる様にして太ももの裏へ走ります

梨状筋が硬くなっていると、梨状筋が坐骨神経を押し潰すように圧迫してしまいます。

すると、梨状筋から先、太ももの裏からふくらはぎにビーンと痺れるような痛みが走るようになります。

これを梨状筋症候群と呼びます。

 

まとめ

 

梨状筋症候群は最近ではメジャーな疾患となりつつあります。

しかしレントゲンやMRIでは筋肉が明確に写らないため、見落とされがちになってしまいます。

また、神経痛というのは目に見えない痛みであり、画像上でも測ることが出来ません。

よって、実際に体を動かして検査をしたり、症状を詳しく聞かないと見付けられません。

もしあなたがレントゲンを撮っても異常がなく、お尻から太ももの裏にかけての痛みや痺れで悩まされているのであれば、梨状筋症候群の可能性が有ります。

しっかり改善していく方がほとんどですので、是非一度ご相談ください。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP