岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

スポーツ障害

当院のスポーツ障害専門の整体
なぜ?こんなにも効果が
実感できるのか?

スポーツ障害

top-bnr1-sp

 

こんなお悩み
\ありませんか?/

  • スポーツで怪我をしたがどうしても復帰したい
  • 靱帯損傷の専門のリハビリを受けたい
  • 日常は痛みは無いがスポーツをすると痛くなる
  • 正しい運動の知識で体を鍛えたい
  • スポーツでの怪我を治したい
  • 競技パフォーマンスを向上させたい
  • スポーツ専門の施術やトレーニングを受けたい

 

そのお悩みお任せ下さい
スポーツ障害の専門家
責任を持って施術致します

 

矢印

 

専門家や医療関係者が推薦

hongou_32

 

推薦

 

推薦

 

推薦

 

推薦

 

 

\お客様の喜びのお声

 

「必ずプロになります!」

現在プロボクサーを目指して練習に励んでいます。M・Y

地元でトレーニングジムに通いましたが、無理なトレーニングがたたって体を痛めてしまいました。

ここでは痛みの治療、体のメンテナンス、そしてぼくのようなスポーツ選手にも適切なトレーニング指導をしてくれます。

これから海外での練習も多くなりますが、日本に帰ってきた時には必ずメンテナンスをお願いします。

必ずプロになります!

(愛知県在住・ M・Y 様)

※効果には個人差があります

「カラダの使い方を患者の目線に合わせてわかりやすく説明していただけます」

IMG_3639

当時は後十字靭帯損傷のリハビリの為に鍼治療などしていただきましたが、今までの自分のカラダに対する考え方を変えてもらえました。
ケガの原因→結果を詳しく説明していただき、治療ももちろんですがケガをしない為のカラダの作り方、カラダの使い方を患者の目線に合わせてわかりやすく説明していただけます。

私はサッカーを毎週やっていて、カラダが変わっていくのが分かるので、本当に来て良かったと思っています。(沢井準さん)

※効果には個人差があります

「怪我をしてからトレーニングをするようになり、当たり負けしなくなりました!」

岩橋禅くん初めはサッカーで足首を怪我をしてから治療に来ました。

今は毎週、きついけど楽しいトレーニングに来て、試合中も当たり負けしなくなりました。
怪我をするといつも治療に来ています。(岩橋 禅 くん)

※効果には個人差があります

「5年間曲がらなかった膝。正座が出来るようになりました!」

K.S

5年前から始めたランニングで、足首と膝の痛みが日常化しました。痛みはひどくな
り、膝が曲がらず正座ができない状態になったため、病院や鍼灸院で診ていただきま
した。鍼やマッサージの施術で、痛みが改善されてもしばらくして再発する繰り返
し。根本的な治療はなく、治らないものだと諦めていました。

そんな中、ほんごう接骨院さんをフリーペーパーでみつけ、スポーツに特化されている印象を受けたので、お電話しました。始めに症状を聞いていただき、痛みの原因・治療方法を丁寧に説明されました。治療の内容は、鍼・マッサージとストレッチ。ストレッチでは、筋力アップ、正しい体の動かし方を確認します。通院して6か月程で足首・膝の痛みは無くなり、正座も出来るようになりました。

ほんごう接骨院さんが、他の治療院と違うのは、痛みを取るだけでなく、痛みを繰り返さな
い体つくりを目指していることです。自分の痛みが無くなった今、まさにその治療方法に共感
しています。

困っている方、必ず良くなりますので早めの来院をお薦めします。今では、もっと早く伺えばよかったと後悔しています。 (瀬上 希衣子 様)

※効果には個人差があります

「ステロイドの生活が一変!完治しました!」

ほんごう鍼灸接骨院は友人の紹介で来ました。ゴルフ肘

その時僕は、ゴルフによる肘の痛みで整形外科と接骨院に通っていましたが、全く改善の兆しがなく、ゴルフに行く前はいつもステロイド注射を打っていました。酷い時には日常生活でも支障が出るほどで、なかば諦めていました。

田内先生に相談すると、「本当に治したいならまずアイシングを!」と指導され、それから毎日自宅で冷やし、同時に治療では腕に鍼を打ってもらいました。そして、ゴルフ肘専用のサポーターを普段から着けるように言われました。

正直なところ、アイシングもサポーターも今まで使用したことはありましたが、どれだけやればいいかなどは自己判断で行っていて、最近は何もしていませんでした。

先生は初めの段階で的確に判断してもらえ、実際に言われたことを行った結果、1,2回の治療で肘の痛みが軽減してきました。

その後は肘の治療とともに、ずっと気になっていた左肩の痛みも相談させて頂き、治療に行くたびに悪い所が無くなっていくのを実感しました。

さらに治療を続けると、なんとサポーター無しでゴルフに行っても痛みを感じない程になっており、今までのステロイド生活からついに解放されました!

治療をしてもらいながら、その場で体の変化が実感できる治療は本当に驚きます。

これからも定期的に通わせて頂きます。

※効果には個人差があります

「その時のニーズに合った治療を、的確に教えてくれました。」

初めはダンスで痛めた肋骨の痛みが取り切れず、早く自分のパフォーマンスを取り戻したいと思い、治療に伺いました。Oさん

こちらへ伺う前は、様々な整体や接骨院に行きましたが、どこも流れ作業的なマッサージで、症状に対する具体的な回答はありませんでした。

こちらでは、患部の状態の説明が的確で、私のその時のニーズに合った治療をしていただけました。今まで行っていたような一辺倒なマッサージとは違ったので、安心しました。

また、体のことを細かく説明して頂けて、「ココがこうだよ。こうした方がいいよ。」と教えて頂けたことが、とても親身だったことを覚えています。

自分では気付かない痛みや疲れも見付けてもらえるので、これからは痛みがなくても早めに来ておこうと思います。

※効果には個人差があります

山田 沙稀 さん「今までと違うトレーニング方法で、確実に筋力を付けていきます!」

私は学生の頃に脊柱側弯症になり、背骨の手術をしました。

そのこともあり、体幹部の筋力を付けないといけないと思い、今まではヨガやプールに通っていました。

こちらの接骨院では、根本的な筋力の付け方や、運動の仕方を教えて頂き、今まで自分でやっていたことではあまり筋力が付いていなかったことに気付きました。

今後の人生を考えると、きちんと筋力を付けて自分の体を守っていきたいので、効果のあるトレーニングを続けていきたいです。(山田沙稀さん)

※効果には個人差があります

 

 

スポーツ障害とその原因

スポーツ整体

スポーツ障害とはスポーツの動作において生じる特有の怪我です。

スポーツ中に起こりうる怪我を細かく分類すると、大きく2つに分けられます。

一つは「スポーツ障害」。もう一つは「スポーツ外傷」です。

この二つを合わせてスポーツ傷害(字が違います)という言葉が成り立ちます。

スポーツを多く扱う当院では、これらの怪我の状態を明確に把握してから施術方針を立てることを心掛けています。

 

スポーツ傷害の2つの分類

 

«スポーツ障害»

スポーツ「障害」という字を使う状態は、スポーツ動作の繰り返しによって身体の特定部位(骨・筋肉・靱帯など)が酷使されて痛みを引き起こすものを表します。

これらの多くは主に、使いすぎや体の間違った使い方の結果起こることがほとんどです。

  • 野球肘・野球肩
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • 水泳肩
  • シンスプリント
  • 足底筋膜炎
  • オスグッドシュラッダー病
  • シーバー病

などが挙げられます。

これらの症状は使用頻度をコントロールするとともに、正しい体の使い方を習得しなければ根本改善には向かいません。

痛みが出て休んで、復帰したらまた痛くなる・・、これらを繰り返すのは、体の動かし方や運動環境が変わっておらず、根本原因が取り除かれていないという要因があります。

 

«スポーツ外傷»

サッカー競り合い

スポーツ「外傷」は、スポーツ中に急激に大きな衝撃が加わり発症する怪我です。

不慮の事故とも言えますが、中にはウォーミングアップ不足怪我上がりで筋肉がきちんと働いていない状態、体の使い方が不十分な状態で衝撃に耐えられず怪我をしてしまう場合もあります。

  • 転倒による骨折や靱帯損傷
  • 着地失敗による捻挫
  • 競り合いや交錯プレーによる怪我
  • デッドボールによる打撲

などが挙げられます。

この様な怪我の場合は、怪我直後からの応急処置や早期の症状判断・対処が大切になります。

また、重症な怪我も多く、医科との連携や初期処置後のリハビリ計画も正しく立てなければ、競技復帰まで長い時間がかかってしまいます。

一時的に競技から離れる場合も多いため、怪我の部位以外の筋力トレーニングや全身体力を落とさないためのリハビリメニューも考慮していきます。

しかしながら、スポーツに怪我は付き物。

限りある競技人生の貴重な時間を逃してしまう焦りを覚える選手も多くいますが、怪我の時こそ、生活習慣や体の状態を見直す良いきっかけになります。

最短で怪我を治す方法を選択すると同時に、競技復帰後に怪我の前よりコンディションが仕上がっているように体作りをしていきましょう

 

スポーツ障害の2つの原因

 

スポーツ障害を引き起こす原因として、大きく2つの要素があります。階段ダッシュ

それは、

①Over use(オーバーユース)=使いすぎ

②Miss use(ミスユース)=使い方が間違っている

です。

これらは一般の方にも言えることですが、スポーツ現場においては特に重要になってきます。

また、競技特有のケガに関しては、競技特性や動きを見る目を持っていないとケガの起こり方などを理解できないため、スポーツ障害は非常に専門性の高い分野になります。

 

①Over use(オーバーユース)=使いすぎ

どこへ行っても聞かれる言葉ではないでしょうか。

「やりすぎだから、休みなさい。」

しかし、普通のスポーツ選手はそんなに簡単に休めません。

そもそも、「なぜ同じスポーツを、同じ時間だけやっているのに、私だけ怪我をするの?」という疑問が浮かびます。

オーバーユースで怪我をする際には2通りのパターンがあります。

  • 間違った使い方で運動負担が多いパターン

フォームの癖や動きの崩れが原因となって、普段なら怪我をしない運動量でも体を痛める負荷になってしまい怪我につながるパターンです。

みんな大丈夫なのに私だけ・・という時には、運動量だけではなく、動きの個性を見る必要があります

この場合は休むだけでは改善せず、日常生活の動作から見直すことも必要になります。

  • 運動負担が明らかにキャパオーバーのパターン

誰しも負荷に耐えられる体のキャパシティに上限はあります。

プロスポーツ選手でも、休むことなく動き続けていればいつかは壊れます。

選手が持ち合わせている体力、筋力などをはるかに超える運動負荷がかかった時には、体のどこかにひづみを来し怪我に繋がります。

体作りには休息が欠かせませんので、オーバーワークを感じた場合は積極的に休息を取りましょう。

 

②Miss use(ミスユース)=使い方が間違っている

ミスユースとは、使い方の間違い(ミス)によって怪我につながってしまう状態です。

ほとんどの痛みの原因に関わっているといっても過言ではありません。

特に、

  • 休んでも治らない
  • どんな治療を受けても治らない
  • 練習に復帰すると痛みが出る
  • 原因不明の痛みに悩んでいる

この様な場合は、動きのミスが潜んでいる可能性が有ります。

これら使い方の間違いは、レントゲンを撮っても、MRIを撮っても、エコーを撮っても見付かりません。

たった一つ、動きを評価する「目」だけが評価になります

何をやっても治らない。どれだけ休んでも治らない。これから脱却するために、私たちは細かな動きを観察しています。

 

 

他では治らない理由

スポーツ障害

スポーツ障害専門とは

今まで治療をしていて改善しない方は、スポーツトレーナーの方に体を見てもらったことはありますか?

「スポーツトレーナー」とは、日本で認定される資格がありませんので、なかなか医療機関で出会うことはありません。

稀にスポーツ専門の医師や、リハビリ室にいる理学療法士さんでもトレーナーを兼務している先生はいますので、そういった先生に当たれば・・非常にラッキーだと思います。

しかし、私の知る限り、スポーツトレーナーを兼務して勉強している治療院の先生は数えるほどです。

残念ながら、「私、陸上やってました。」などのスポーツ経験はスポーツ障害専門とは言えません

当院では、世界基準のスポーツトレーナーの資格を持った治療家が、院のスタッフに教育することで、院全体の共通認識としてスポーツ障害に対する深い知識を持っています。

 

医療系の学校ではトレーニング理論は学ばない

勉強

私を含め、接骨院や鍼灸、マッサージの学校では、「運動」の専門知識は全く学ぶ機会がありませんでした。スポーツ障害の教科や授業も有りません。

残念ながら、治療院の先生はスポーツ障害のことは何も知らないといっても過言ではありません。

こんなことを言って治療院の価値を下げるようですが、スポーツ障害という専門性の高い怪我を診てもらう際には、一般の方にはしっかりと治療院選びをしていただきたいと思っています。

私自身、学生の頃からトレーニング学に興味を持ち、全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の認定パーソナルトレーナー(CPT)の資格を取得しました。

その後より本格的に競技現場で研修を積み、様々なアスリートのケアをさせて頂く中で徐々にスポーツ障害・スポーツコンディショニングとは何かを身に付けることが出来ました。

数多くある治療院の中には、

・たくさんのスポーツ学生を見ているから

・先生自身がスポーツ経験豊富だから

・自分が筋トレ好きだから

という理由で「スポーツ障害専門」をうたっている院もありますが、それだけでは本当に深いスポーツ障害は改善されません。

現在、私は治療家の先生にスポーツ障害の正しい知識を知って、治療にも活かしてもらいたいと思い、セミナー活動をして治療家の底上げを目指しています。

だからこそ、スポーツ障害でお困りの方は、しっかりとご自身のお体を預ける先を選んでいただきたいと考えております。

 

ベッド上だけではスポーツ障害は解決できない

治療ベッド

もしあなたが現在通っている接骨院で、ベッド上だけで関節の動きを見たり、電気治療を受けているなら、改善率は50パーセント、一か八かの治療法にすぎません。

スポーツ整体とは、以下の項目の一つでも欠けていたなら、専門性を持った施術とは言えません。

  • 電気治療の選択
  • ストレッチの細かな指導
  • 筋力の評価
  • 歩行やしゃがみ動作、競技動作の確認
  • やってはいけない動作の指導
  • リハビリとして必要なストレッチ、エクササイズの指導
  • 競技復帰までの全体像

以上が最低ラインになります。

これらを行うためには、問診での具体的な聞き取りや、練習状況の把握、プレースタイルの把握から、実際に動いた時の動き・痛み・癖の評価、また、エクササイズやトレーニングなどの実際の指導が少なからず入りますので、ベッド上だけで評価・施術が終わることはありません。

残念ながら、多くの接骨院では、ベッド上で一定の動きだけ評価を行い、誰にでも同じ電気をかけ、誰にでも同じストレッチやマッサージしか行っていない治療院が多いのも事実です。

一つの判断基準は、ベッド上で済むか、ベッドから降りて評価・指導されるかが大切なポイントです

 

当院での改善法

やさしい整体

当院が多くの患者様から評価を頂いてのは、「治療とトレーニングを兼務している」ことです。

痛みがある患者様には、まずは痛みを取り除く施術をしていきます。

しかし、スポーツ障害に関しては、施術と並行して柔軟性・筋力・動きを細かくチェックしていくことを重視しています。

 

スポーツ整体・スポーツ治療

当院は、

  • オリンピック出場選手指導者
  • プロ選手
  • プロパーソナルトレーナー
  • プロダンサー
  • プロを目指すアマチュア選手
  • 国対岐阜代表選手
  • 高校野球強豪校選手
  • 高校バスケットボール全国大会常連校選手
  • バドミントン全国大会出場選手

など、幅広くスポーツ選手をサポートしています。

女性階段

当院がスポーツ選手に選ばれる2つの理由

 

«怪我に強い»
スポーツ競技者が当院に初めて来院される一番の理由は、怪我をしたからです。

特に、競技中の怪我や、競技の繰り返しによって起こるスポーツ障害が長引いて来院されるパターンです。

当院では急性の怪我(捻挫、肉離れ、打撲など)には、固定技術をはじめ、骨折の治癒を促進する超音波治療器【オステオトロン】、筋損傷や関節損傷の痛み軽減に使う【テクノシックス】などの治療器を揃えて対処しています。

また、痛みの原因を取り除くための、当院独自の圧痛点マッサージ法や、東洋医学で自然治癒力を高める反応点治療を組み合わせていますので、治るのを休んで待つだけ、に比べたら改善期間を短縮することが出来ます。

 

«当院独自の即効性スポーツ整体»

競技中の大きな怪我でない限り、全く動けなくなることは少ないと思います。

しかし競技を行っていると、「練習を休めない・・」ということは多々あります。

動けない程ではないけど痛い・・、でも休めないからやらなければいけない・・。

そんな時、整形外科で「休みなさい」と言われると困りますよね。

当院では、なるべく痛みを減らした状態で競技を続けられるよう、固定や休息に頼らない施術で体のメンテナンスを行っています。

少しでも痛みを減らした状態、競技中に痛みの出にくい状態に体を持っていくための即効性スポーツ整体を行うことにより、競技中に動ける体にしています。

但し、将来に関わるリスクや、競技生命に関わる場合は、必ず医師の診断のもと病院と連携して施術を進めていきます。

いずれにせよ、最短で競技復帰し、先を見据えて人生の質を落とさない方法を提案しています。

おまかせリセット

 

施術の大きな流れ

スポーツ整体

一般的行われている整体とは違い、全てが競技にプラスに働く施術を行っています。

競技特性に合わせて、関節可動域の調整や筋肉の質の調整を行っていきます

スポーツマッサージ、スポーツストレッチを主に、スポーツ鍼灸治療や高周波治療器などを組み合わせます。

手で触れてしか分からない体の変化も一つずつ確認していきます。

 

早期からのリハビリテーション

痛みを軽減する施術と並行して、筋力不足の部位に関しては筋力強化を、柔軟性不足の部位に関してはストレッチを行います。また、怪我をしていない部位に関しても、筋力・体力低下の予防のためのトレーニングやバランス感覚などを強化していきます。

 

動作の改善

スポーツを取り組む方にとって、怪我をしている時期は体とともに動作を見直す良い時間になります。怪我をして競技を休まなければいけない時間に、いかに体と向き合うかによって、その後のスポーツ人生が変わってきます。ランニングフォームやジャンプ動作などで、効率の良い動きを覚えて頂くことをオススメしています。

 

スポーツ障害の3つの根本原因を取り除く

«柔軟性向上»

前屈ストレッチ

痛みを改善する上で第一選択になるのはストレッチです。

体のバランスを取り、かつ関節可動域を改善することによって、怪我の部位をいち早く治りやすい環境にしていきます。

但し、日本では「体が柔らかいほど怪我をしない」という間違った認識があります。

体が柔らかい、また、関節の柔軟性があることは必要なことです。

しかし更に踏み込んで大切なのは、全身の柔軟性が有り、かつ、“柔らかすぎない”という点が必要です。

残念ながら、いまだに医療現場でも耳にする言葉ですが、「柔らかいから怪我をする」という認識は全くの誤解です。

例えばテニスに関しては、ボールを打つ時の衝撃をしっかりと受け止めなくてはいけませんので、手首や肘の関節は適度に締まっていないといけません。もし手首や肘の関節が必要以上に緩い状態だとしたら、この選手は怪我のリスクが高まるでしょう。

かといって、硬すぎても良いパフォーマンスを得られません。

スポーツ選手として必要なのは、柔軟性が適度にあり、かつ、関節を守る筋力が十分に足りていることです。

このバランスを崩してしまうと、テニス肘や野球肩などのスポーツ障害を引き起こしてしまいます。

 

«筋力強化»

ダンベル外国人

現役のスポーツ学生さんや、学生の頃から長年に渡りスポーツを継続している方に多いのが、以外にも「筋力不足」です。

スポーツを続けているために、体力には自信がある!という方は多いのですが、「筋力の偏り」が問題になります。

例えば、走っている時に左右の脚で体重の乗り方が違う方。これは歩行や普通に走っていて自分ではほとんど気が付かない程度の左右差ですが、そのまま何年も走り続けていくと、少しの左右差が積み重なり、気付いたら太ももの太さが1センチ以上違う!いう方もいます。

悔しくもこういった場合は、走れば走るほど左右差が大きくなります。

筋力不足が確認された場合は、怪我の部位とは違う場所から筋力強化トレーニングを始めていきますので、怪我をした直後でも、怪我とは全く関係のない箇所であればトレーニングを行うことはできます。

怪我をして競技から離れる焦りやもどかしさの解消や、体全体のコンディションアップのために出来ることからはじめていきましょう。

筋力不足は小学生のでも起こり得ます。特に小中学生での明らかな筋力不足は他の重症疾患や内科疾患などが関係する可能性もありますので、注意して確認しています。

 

«動作改善»

バスケ

スポーツ障害の特徴は、同じ動きを繰り返し行う中で怪我が起こるという事です。

ジャンプ、投げる、走る。どれをとっても通常ならスポーツ中に行っている動作ですが、走るフォームが人それぞれな様に、各動きにも個性があり、特徴があります。

そして、一つ一つの動作には必ず「衝撃」という体に掛かる負担が付きものです。

 

  • もしあなたのジャンプの着地動作に癖があれば、スポーツ中の1回の着地で怪我をすることはなくても、何十回何百回とジャンプをした後には痛みを覚えてもおかしくはありません。
  • もしあなたの走り方に癖があれば、トラック1週で痛みを出すことはなくても、1試合走り続けた後には痛みで歩けなくなっていてもおかしくはありません。

 

これがら間違った動作を改善しない限りは、根本原因の改善には向かいません。

実はスポーツ障害のほとんどの怪我に間違った動作(ミスユース)が混じっています。

「使いすぎだから休んでください」と言われて休んでも、運動をし始めたらすぐに痛くなる・・。

こういった場合は、動き方やフォームを修正することで怪我の再発を予防したり、なぜ怪我をしたのかを明確にすることができます。

もし動作を見ずに競技復帰していたら、

  • 同じところを何度も痛める
  • 競技に復帰したらまた痛くなった
  • 日常生活は痛くないけど競技をすると痛くなる

ということになります。

これらを予防するのが、スポーツ障害を本当に詳しく見ていく専門家の真骨頂です。

 

 

他院とはどこが違う?

矢印

ほんごう鍼灸接骨院の
\ 9つの特徴 /

 

1. 当院の技術を多くの治療家やスポーツトレーナーが学びに来ています

特徴1

当院院長が主催するセミナーでは、全国の治療家やスポーツトレーナーが多く参加し、当院の技術を学んでいます。すでにたくさんの方が卒業されています。

 

 

2. 口コミランキング1位を獲得。また多くの専門家が当院の技術を絶賛

hongou_22

大手口コミサイト「yelp」で1位を獲得。また中部学院大学教授や理学療法士、歯科医師など多くの専門家が当院の技術を推薦しています。

 

 

3. 初回20~30分のカウンセリング&検査で本当の原因を特定

カウンセリング

初回カウンセリングは私たちがあなたの体を知る最も重要な作業です。姿勢・関節・筋肉の硬さや動きを細かくチェックし今ある痛みの原因を徹底的に突き止めます。

 

 

4. 専門用語は一切なし! 安心してご利用頂けるようしっかり説明します

専門用語なし

当院は「人対人のコミュニケーション」を大切にしています。患者様に安心して施術を受けて頂けるよう丁寧にご説明します。わからないことがあれば何でも聞いてください。

 

 

5. 短期間で結果が出やすい 痛くない・優しい整体

健康なお体へ

痛みの原因にダイレクトに施術するため短期間で結果が出やすいのが特徴。優しい施術のため、妊婦やお子様も安心して受けられます。

 

 

6. 岐阜初! 整体×鍼灸×運動療法×食事で徹底的に根本改善

根本改善

整体だけでは根本改善できない症状もあります。東洋医学やパーソナルトレーニング・リハビリ・栄養学にも詳しい施術家がトータル的に施術&アドバイスします。 ※鍼なしの施術も可

 

 

7. 痛みの改善だけではなく全身を健康なお身体へ導きます

健康なお体へ

当院は症状の改善だけではなく、全身を整えることで、将来・生涯健康で過ごしていただける体作りをお手伝いしています。

 

 

8. 充実した最新の設備 整形外科とも連携しています

テクノシックス オステオトロン

イタリアサッカーチームが使用する「特殊高周波治療」、医師も認める骨損傷専用「微弱超音波治療器」、レントゲンでは写らない筋肉や関節を評価する「超音波エコー画像検査」 など器具や設備充実。

 

 

9. スポーツ系のケガや外反母趾の治療も評判です

スポーツ障害

腰痛・肩こりなどの慢性症状だけではなく、野球・テニス・陸上・サッカーなどのスポーツ障害や外反母趾などの治療でも多くの実績を上げています。

 

 

当院の技術を
多くの専門家が絶賛!/

 

「業界で認められる数少ない先生の一人です」

推薦平岩歯科医師、歯学博士、柔道整復師
西春歯科 平岩診療所 副院長
平岩 裕一郎 先生

田内先生は身体の構造を深く研究し、痛みのある場所だけではなく、全身の繋がりを理解した上で、丁寧な施術を行っています。

歯科医師の私とも、顎関節や嚙み合わせからくる身体のアンバランスについて意見交換をし、常に患者さんの痛みの原因を追究するための努力を重ねています。

また、動作分析や運動学からの視点にも優れ、普通の接骨院では見れない症状も、田内先生ならではの見解から判断されることによって、症状の改善につながっていくことでしょう。

私がこれまで見てきた治療業界の中でも、田内先生は知識、技術ともに群を抜いており、業界で認められる数少ない先生の一人です。

更に、セミナーを積極的に開催するなど、治療業界の底上げにも努力を惜しみません。

今後の治療院業界をけん引する先生として、是非田内先生の院を推薦させていただきます。

「研究心が強く、向上心も有り、患者さんの立場を理解して適応性が高い」

推薦声森均中部学院大学会計プロデュースコース 教授
リフレッシュ研修(益田の森塾)塾長
森 均 先生

私が田内先生のもとを訪れたのは、ほんごう鍼灸接骨院がスタートしてまもない頃でした。

知人たちの鍼灸院等も沢山知っていますが、彼は非常に研究心が強く、向上心も有り、患者さんの立場を理解して適応性が高い事に気付きました。この数年で見る見るうちに力量・技術力を上げていったと思います。若いうちの情熱が見事に開花してきた事を私なりに感じています。

むろん、まだまだ改善する課題も取り組まなければならないですが、将来、この業界の改革者とリーダー性を備えた人物であることに異論はない! この精神力・向上心に期待しています。

私が教育者として、公認会計士史上最年少16才合格、税理士試験11年連続最年少合格者を、簿記連続日本一を成し遂げてきた若い時の自分を見るようで頼もしい人物であり、益々楽しみです。

今後も若者・中高年者達に職業会計士としての税理士、会計士をどんどん育てて行く上に、彼の存在感は大きな励みになり、まだまだロマン・夢を追求して行く人生であり続けたいです!

「何か変わるかもと希望の光を与えてくれる」

推薦大岩Masterpiece Body Room 代表
Masterpiece鍼灸院 院長
大岩 俊貴さん

岐阜にお住まいの方で『本気』で自分の体と向き合いたい方は是非とも ほんごう治療院に一度行かれる事を推薦致します。

院長の田内さんとは専門学校時代からの知り合いですが 学生時代から他の治療家を目指す学生とは一つ視点が違う方でした。

従来の多くの患者さんに来てもらい保険請求をするTHE接骨院という感じではなく 本当に患者さんに寄り添い、どうにか完治させるにはどうすればいいのか? と 本気で追及するために学びを止めない向上心の高さがある方でした。

また世の中の当たり前の枠に捉われない新しい治療院の形を作りだし 、そこに来る患者さんに今までにない感覚、感動をお届けしてくれると確信しています。

自分自身もスタジオ、治療院を経営し、専門家向けの勉強会の講師などもさせて頂く立場ですが 院長の田内さんの発想や取り組み、治療スキル、あくなき向上心などは素晴らしいと感じています。

過去に接骨院に通われたけど良くならず諦めてしまっている方など 今までにない新しい接骨院という場所で、あなたの体の悩みに真摯に向き合いサポートしてくれると思います。

30代にも関わらずこれから業界の先頭に立ち、業界を変えていく革命時のような 院長の田内さんのいるほんごう治療院に、まずは一度足を運んでみてください。 今まであきらめていたことが何か変わるかもと希望の光を与えてくれるはずです。

 

 

キャンペーン

 

6月30までに
\ご予約の方に限り/

整体×骨盤矯正×
鍼灸×運動療法コース

1回 1,980円
(通常1回 6,500円)

予約多数のため先着10名様のみ
→あと2

 

tel:0582764080

web予約

地図

※予約が埋まり次第受付を終了させて頂く場合がございます

初回限定
全額返金保証制度あり!

※適用条件:初診時に病院での精密検査が必要と判断した場合、紹介状を作成させて頂く場合

 

スポーツ障害 のブログ記事一覧

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP