当院の運動療法

当院では患者様に適した運動療法を提供いたします

ストレッチで
痛みを軽減

日常生活の
筋力作り

スポーツの
体作り

痛みを軽減するストレッチから、日常生活で必要な筋力を付けるための運動を段階的に指導いたしますので、運動習慣のない方も安心して実施して頂けます。また、将来いきいきと自分の足で生活できるよう、今から運動を始めたいという方、部活やスポーツでの体作りに励みたい方のサポートをしております。

ストレッチ神話に疑問を持って

体が柔らかい方も怪我に注意

体が柔らかい方も怪我に注意

私は学生の頃から治療院で働き、様々な施術法や治療現場を経験させて頂きました。私たちが治療院で行う施術の多くは、マッサージ、はり・きゅう、ストレッチなど、大半は筋肉や関節を緩めること、いわゆる「体を柔らかくすること」がほとんどです。しかし、体の部位には、硬い所もあれば、柔らかい所もあります。「体が硬いと良くない」ということばかりがピックアップされ、現在では、体が柔らかい=怪我をしにくい、と思われがちですが、決してそうではありません。体が柔らか過ぎても、怪我のリスクは増します。そこで、緩くなった関節を安定させることや、柔らか過ぎる筋肉を硬くすることが必要です。その手立ては、サポーターやコルセットで締める、手術をして関節を治す、もしくは、自らの筋肉で関節を守るより他有りません。私は患者様の施術に当たる中で、「これだけでは不十分だ」と思い、患者様に運動療法の必要性をお伝えしています。時間は掛かりますが、将来の人生を見据えれば、必ずお伝えしておくべきことだと感じています。

一日でも早い体作りを

今日が一番若い

「運動」というと、好きな方もいれば、苦手な方も多く、とても敷居が高いように感じます。私も小学3年生~高校3年生まで野球を続け、体が動かなくなることなど考えたこともありませんでしたが、専門学校に通った3年間、運動とは無縁の生活を続けた結果、5分として走り続けることが出来なくなってしまいました。現在では、やっとの思いで運動習慣を身に付けましたが、始めるのにとっても苦労しました。運動習慣から離れれば離れるほど、また、年を重ねれば重ねるほど、誰しも体が動かなくなる実感はあると思います。だからこそ、一日でも早く、人生で一番若い今、すこ~しずつ動きだし、将来に向けて健康な体を作って頂きたいと思っています。

まずはストレッチから

痛みを軽減するためにも、動きを改善するためにも、
まずは簡単なストレッチから。

怪我をしたり、痛みを抱えて来院される患者様は皆、口を揃えて「運動不足ですよね~」とおっしゃられます。私も社会人になって感じますが、よ・ほ・どの運動習慣を心掛けない限り、皆運動不足になってしまうと思います。突然運動を始めるのはとても大変ですので、当院の患者様には、まずストレッチを提供させて頂きます。ストレッチも重要な運動療法です。

老若男女、一人一人に合ったストレッチを、分かり易くお伝えします。

動ける体を作る

運動は筋力を付けることが目的ではありません。

当院が最も大切にしていることは、必要なところを必要な分だけ動かすことです。人によって硬い所は違いますし、筋力が弱い所も違います。怪我によって筋力の偏りも、皆さんが思っている以上に出てきます。硬い所はストレッチを、筋力が弱い所は運動を行い、順序良くバランスを取っていくと、体の動きは劇的に変わります。「今何から始めるべきか」一人一人違ったプロセス。その見極めをするのが私の仕事だと思っています。

安全な方法を見つけ出しますので、このような方は是非ご相談ください。

  • 自己流のトレーニングを行っている方
  • 長年同じストレッチを継続している方
  • 運動をすると体に痛みを来す方