岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」つらい症状を根本改善

当院では針灸治療を積極的に取り入れています。

はり治療だけでなく、お灸もやります。

岐阜市内にも針灸治療院は多くありますが、当院独自の「反応点鍼灸治療」を求めて、遠方からもご来院頂いております。(岐南町、笠松町、羽島市、各務原市、瑞穂市、大垣市、一宮市、江南市など)

はり師の先生によって、使用するはりの選択、打ち方、打つ場所は全く異なります。

ぎっくり腰の治療でも針治療は頻繁に使いますが、はり師の先生によって効果は全く違います。

そんな中で、なぜ当院の針灸治療は選ばれているのか。

患者様から頂いた声の中に、他の針灸治療院との明確な違いがありました。

患者様が思う、数ある針灸院の中から当院を選ぶ理由とは・・?

鍼灸

「イタ気持ちいい」

 

針治療は、体の中の筋肉を狙って約1~3センチ、筋肉の深いところで10センチ近く刺します。

針治療を経験したことが無かったり、針を打つところを見ているととても恐ろしく思いますが、実は打たれている感覚はほとんどありません。

背中や腰など本人の目で見えない所の場合は「今打ったの?」と言われることも頻繁にあります。

しかし、当院では針治療の効果を最大限に生かすために、一番固くなっている筋肉の膜を目掛けて針を刺していきます。

このポイント=反応点に間違いなく針を打つことこそが、当院が誇る「反応点治療」です。

健康番組などで「トリガーポイント」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、トリガーポイント(引き金)に更に東洋医学のツボを掛け合わせたような治療ポイントが「反応点」となります。

針治療で最も効果を得られるのは、筋肉の表面の膜、いわゆる「筋膜(きんまく)」に刺激を与えることです。

最近だと「筋膜リリース」という言葉が盛んですね。

実は針治療は筋膜に直接刺激を入れられる唯一の方法として使用されているのです。

固い筋肉や、腫れた筋肉の膜に直接針刺激が入ると、体の芯にどーーんとした針独特の「響き」が得られます。

この刺激が、皆さんが「イタ気持ちいい」と表現される、なんとも不思議な感覚なのです。

 

少ない針で最大の効果

鍼治療

テレビでよく目にする鍼治療は、顔に何十本も打っていたり、全身にくまなく針をする光景が多いと思います。

実際に過去に針治療院に行った患者さまの声では、シャツやズボンを脱いで全身に打っていたという話もよく聞きます。

しかし、針治療はたくさん打てば効くというものではありません。

当院では、針治療に入る前に必ず患者さまのお体の状態を把握し、必要な場所に必要な分だけ針治療を行います。

それでも患者様の症状が変わっているのは、しっかりと変化の得られるポイントをミリ単位で選別しているからです

 

ストレッチの中から治療ポイントを決定

 

患者様の声の中に、

「先生はマッサージやストレッチをしながら、針を打つ場所を決めてくれている。」

とおっしゃっていただいた方がいます。

まさにその通りで、私たちは患者様の動きを見ること、触れること、動かすことから、針治療で最も効果が得られるポイントを模索しています。

何気なく行っているマッサージやストレッチで、大事な治療ポイントを決めているのです。

それは、私たちほんごう鍼灸接骨院のスタッフが、質の高いストレッチ技術とマッサージ技術を備えているからこそ可能になります。

他の針灸専門院では、マッサージやストレッチ、そして最も大切な動きを見ることを行わない治療院が多くあります。

残念ながら、針治療は治療技術の一つに過ぎませんので、これらの組み合わせが無いと折角の針治療も最大の効果を得られるとは言えません。

マッサージが必要な筋肉、ストレッチが必要な関節、針治療が必要な筋膜、というように最も最適な治療法の選択が、最大の治療効果を生み出します。

 

針にこだわらない

根本改善

患者様の声の中で最も多いのが、

「先生が自分の体に合う最も良い治療法を選んでくれる。」

という声です。

これは、当院の治療技術の一覧をご覧いただければ分かる通り、

  • 圧痛点マッサージ
  • 反応点鍼灸治療
  • スポーツストレッチ
  • 高周波電気治療
  • 微弱超音波治療
  • テーピング治療
  • 外反母趾・歩行指導
  • スポーツトレーニング指導

など、様々な治療技術の中から最も最適な治療法を選択しているからです。

病院でも専門領域が細分化される昨今、お一人お一人のからだを総合的に評価し、今最も必要なものを提供する、病院で表すと総合診療科の役割を担っています。

その一つが針治療であるため、針治療が必要ない方もいます。

これが、様々な治療院や鍼灸院、整形外科や病院を渡り歩いて来院される最大の理由となっています。

 

最後の砦(とりで)

 

患者様から頂いた有難いお言葉の一つに、

「先生は痛みを治す最後の砦(とりで)だね!」

と評して頂いたことがあります。

私自身そうは思っていませんでしたが、

どこへ行っても治らない

〇〇治療法では変わらない

有名な〇〇式でもダメだった

という方が、何か改善へのきっかけが見付かれば良いと思っています。

そういった意味では、痛みの改善・最後の砦(とりで)の存在になれれば幸いです。

岐阜の整体は「ほんごう鍼灸接骨院」 PAGETOP